Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
scilab-6.1.1
Change language to: English - Français - Português - Русский

Scilabヘルプ

  • Scilab
    • Scilab keywords
      • percent(%) 特殊文字
      • backslash(\) 左行列除算: exact or least square solution
      • brackets [,;]Concatenation. Recipients of an assignment. Results of a function
      • colon (:)コロン演算子
      • comma(,) 列, 命令, 引数セパレータ
      • comments(// or /*...*/) comments
      • comparison比較, 関係演算子
      • dollar($) 最後の添字
      • dot(.) 記号
      • equal(=) 代入 , 比較, 等号
      • getscilabkeywordsScilabキーワードを全リストを返す.
      • hat(^) 累乗
      • greater(>) より大きいの比較
      • minus(-) 減算演算子, 符号変更
      • not(~) 論理否定
      • parentheses( ) 左および右括弧
      • plus (+)数値の加算。 テキストの連結(グループ化)
      • quote(') 転置演算子, 文字列デリミタ
      • semicolon (;)式の末尾および行セパレータ
      • slash(/) 右除算およびフィードバック
      • star(*) 乗算演算子
      • symbolsscilab 演算子の名前
      • tilde(~) 論理否定
    • Control flow
      • abort評価を中断する.
      • breakループ中断を表すキーワード
      • caseselectで使用されるキーワード
      • continueループの次の反復に制御を移すキーワード
      • doループ用の言語キーワード
      • elseif-then-elseおよびselect-case-then-elseのキーワード
      • elseifif-then-elseのキーワード
      • endend キーワード
      • forループ用の言語キーワード
      • halt実行を停止
      • if then else条件付き実行
      • pauseは実行中の実行を一時的に一時停止し、コンソールでの指示を許可します
      • resumeリターンまたは復帰実行およびローカル変数をコピー
      • returnリターンまたは復旧し,ローカルな変数をコピー
      • selectselect キーワード
      • then'if'および'select'のキーワード
      • catchtry-catch 制御命令のcatchブロックを開始
      • whilewhile キーワード
    • Configuration
      • bannerScilabバナーを表示
      • getdebuginfoScilab に関するデバッグ情報を取得
      • getmemory利用可能なシステムメモリおよびシステムメモリの総量を返す
      • getmodulesScilabにインストールされているモジュールの一覧を返す
      • getosオペレーティングシステムの名前とバージョンを返す
      • getscilabmodeScilabモードを取得
      • getshellカレントのコマンドインタプリタを返す.
      • getversionScilabおよびモジュールのバージョン情報を取得
      • oldEmptyBehaviourControls the operation+ and operation- behaviour for Scilab
      • recursionlimitget or set the current or maximal allowed depth of nested calls
      • sciargsscilab コマンドライン引数
      • verScilabのバージョン情報
      • with_javasciScilabにJava インターフェイスが組み込まれているかどうかを 調べる
      • with_macros_sourceマクロのソースがインストールされているかどうかを確認する
      • with_moduleScilabモジュールがインストールされているかどうかを調べる
    • Debugging
      • debugenters the Scilab debugger mode
      • whereカレントの命令の呼び出しツリーを得る
      • whereamiカレントの命令コールツリーを表示
    • Error handling
      • errclearエラーのクリア
      • errorエラーメッセージ
      • error_tablelist of main standard errors messages
      • lasterror直近に記録されたエラーメッセージを取得
      • warning警告メッセージ
    • types
      • booleanScilab オブジェクト, 論理値(boolean)変数および演算子 & | ~
      • functionsScilab プロシージャおよび Scilab オブジェクト
      • hypermatricesScilab オブジェクト, Scilabの N 次元行列
      • librarylibrary datatype
      • matricesScilab オブジェクト, Scilabの行列
      • rationalScilab オブジェクト, Scilabの有理数
      • stringsScilabオブジェクト, 文字列
      • type変数の型を返す
      • typename変数の型に名前を付ける
      • typeofexplicit type or overloading code of an object
    • Variables
      • Predefined variables
        • %charsSelected sets of Unicode characters
        • %eオイラー数.
        • %epsイプシロン (浮動小数点数相対精度)
        • %f or %Ffalse (偽)用の論理変数.
        • %i虚数単位
        • %inf無限大
        • %nannot-a-number
        • %pi円の円周と直径の比
        • %s多項式を定義する際に使用される変数.
        • %t or %Ttrue (真)を表す論理値変数.
        • %z多項式を定義する際に使用される変数.
        • homeユーザディレクトリを取得する.
        • SCI, WSCIScilabのルートパスの値を有する変数.
        • SCIHOME設定ファイルおよびScilabセッションの履歴ファイルのパスを有する.
        • TMPDIRテンポラリディレクトリのパス
      • checkNamedArgumentsReturn list of unexpected named arguments
      • clear変数を消去する
      • clearglobalグローバル変数を削除
      • exists変数の存在を確認する
      • globalグローバル変数を定義する
      • isdef変数の存在を確認
      • isglobalchecks if a local variable has a global counterpart
      • namesScilab 名前の構文
      • predef変数の保護
      • who変数の一覧
      • who_userユーザ変数の一覧
      • whos長い形式で変数のリストを得る
    • exitカレントのScilab セッションを終了する
    • quitScilabを終了またはpauseレベルを減らす
    • scilabScilabおよび関連ツールを起動するためのツール
    • startupスタートアップファイル
  • Differential Equations, Integration
    • bvodeSbvodeの簡易的なコール
    • dae微分代数方程式ソルバ
    • daeoptionsdaeソルバのオプションを設定
    • daskrゼロ交差を有するDAEソルバー
    • dasrtゼロ交差するDAE
    • dassl微分代数方程式
    • diff差分および離散微分
    • impl微分代数方程式
    • int2d求積法および立体求積法により2次元積分を定義
    • int3d求積法および立体求積法により3次元積分を定義
    • intcコーシー積分
    • integrate求積法による式の積分
    • intg定積分
    • intlコーシー積分
    • intsplinスプライン補間による実験データの積分
    • inttrap台形則による実験データの積分
    • numderivativeapproximate derivatives of a function (Jacobian or Hessian)
    • ode常微分方程式ソルバ
    • ode_discrete常微分方程式ソルバ, 離散時間シミュレーション
    • ode_optional_outputode ソルバのオプション出力の説明
    • ode_root求解付きの常微分方程式ソルバ
    • odedc離散/連続 ODE ソルバ
    • odeoptionsODEソルバのオプションを設定する
  • Elementary Functions
    • Complex
      • complex複素数を計算する
      • conj共役
      • imag虚部
      • imult虚数単位 i を乗じる
      • isreal変数が実数または複素数のエントリかどうかを調べるc
      • real実部
    • Discrete mathematics
      • factor素因数分解関数
      • factorialfactorial function : product of the n first positive integers
      • gcdGreatest (positive) Common Divisor
      • lcmleast common (positive) multiple of integers or of polynomials
      • nchoosekComputes binomial numbers (n,k) = numbers of combinations
      • primes素数関数
      • rat浮動小数点数の有理数近似
    • elementarymatrices
      • random
        • grand乱数生成器
        • noisegenノイズ生成 (obsolete)
        • prbs_aGenerates a pseudo random binary sequence
        • rand乱数生成
        • sample置換を有する標本化
        • samplef母集団からの置換を有する標本化および その値の頻度.
        • samwr置換を行わない標本化
      • blockdiagCreates a block diagonal matrix from provided arrays. Block diagonal system connection.
      • diag対角行列の構築または展開
      • empty []empty matrix. Array ranges destructor.
      • eye単位行列
      • linspacegenerates linearly spaced numbers between 2 reached bounds
      • logspace対数的間隔のベクトル
      • meshgridCreate matrices or 3-D arrays from vectors replicated in 2 or 3 dimensions
      • ndgridbuild matrices or N-D arrays by replicating some template vectors
      • ones要素が1の行列
      • permsGenerate the table of permutations of given elements
      • repmatReplicate and tile an array
      • squarewave周期 2*%piの矩形波を生成
      • testmatrixヒルバート,フランクのような特殊行列を作成
      • toeplitzToeplitz matrix (chosen constant diagonal bands)
      • zerosゼロからなる行列
    • Exponential
      • exp要素毎の指数関数
      • expm正方行列の指数関数
      • log自然対数
      • log10対数
      • log1p引数に1を足した数の自然対数を正確に計算する
      • log2Base-2 logarithm. Base-2 exponent and mantissa of some real numbers
      • logm正方行列の対数
      • nthroot実数のn番目の実根
      • polar極座標形式
      • power指数演算子 (^,.^)
      • sqrt平方根
      • sqrtm行列の平方根
    • Floating point
      • ceil切り上げ
      • clean行列を消去 (小さなエントリをゼロに丸める)
      • doubleconverts inttype integers or booleans into decimal encoding
      • fix0方向への丸め
      • floor下方向への丸め
      • formatset the default output format of decimal numbers
      • ieee浮動小数点例外モードを設定
      • intゼロ方向への丸め
      • isinftests for infinite elements
      • isnan"Not a Number" エントリを調べる
      • nearfloat前のまたは次の浮動小数点数を取得
      • nextpow2指定値を超える2の累乗の最小値
      • number_properties浮動小数点数パラメータを定義する
      • round最も近い整数に丸める
      • signed zero -0Processing of -0 versus 0
    • Integer representation
      • base2decbを基底とする表現から整数への変換
      • bin2dec2進表現を整数に変換
      • dec2base10進数を基底Nの数値(文字列)に変換
      • dec2bin10進数から2進数への変換
      • dec2hex10進数から16進数への変換
      • dec2oct10進数から8進数への変換
      • hex2dec16進数から10進数への変換
      • oct2dec8進数を10進数に変換
    • Integers
      • iconvert1または8バイト整数表現に変換する
      • uint648バイト符号なし整数形式に変換する
      • inttype整数データ型で使用される整数型
    • matrixmanipulation
      • Shape tests
        • iscolumn変数が列ベクトルであるかを確認
        • ismatrix変数が行列かどうかを確認
        • isrow変数が行ベクトルかどうか確認する
        • isscalar変数がスカラーかどうかを確認.
        • issquare変数が正方行列かどうかを確認
        • isvector変数がベクトルかどうかを調べる
      • cat複数の配列を結合する
      • circshiftcircularly shifts elements or subarrays of an array (regular, of structures, cells, custom)
      • flipdim指定した次元に沿って x ブロック要素を反転
      • matrixベクトルまたは行列を異なる大きさの行列に成形する
      • permutepermutes the dimensions of an array
      • pertrans第2対角項を基準として転置
      • resize_matrix行列またはハイパー行列をトリムまたは拡張(およびキャスト)
      • squeezeremoves singleton dimensions of a ND-array
      • tril行列の下三角部
      • triu上三角
    • matrixoperations
      • abs絶対値, 大きさ
      • andlogical AND between the elements of a boolean or numerical array
      • crossベクトル外積
      • cumprod配列要素の累積積
      • cumsum配列要素の累積和
      • kron .*.クロネッカー積. Weighted array replication
      • kron .\. ./.Kronecker left and right divisions
      • maxmaximum
      • minminimum
      • norm行列のノルム
      • orlogical OR over the elements of a boolean or numerical array
      • prod配列要素の積
      • signsignum function
      • signm行列符号関数
      • sum配列要素の合計
    • searchandsort
      • dsearch指定の分類で行列またはハイパー行列の要素を分配, 配置および数える
      • find論理値ベクトルまたは行列のtrue要素の添え字を見つける
      • gsortsorts boolean, numerical and string arrays
      • members配列の各要素または他の配列の行または列を数える(及び位置を調べる)
      • vectorfindlocates occurences of a (wildcarded) vector in a matrix or hypermatrix
    • setoperations
      • intersectelements or rows or columns met in both input arrays, without duplicates
      • setdiffreturns elements or rows or columns of an array that do not belong to another one
      • unionベクトルの和集合要素を展開
      • uniqueベクトルまたは行列のユニークなな要素を展開
    • Trigonometry
      • Matrix-wise processing
        • acoshm行列逆双曲線余弦
        • acosm行列毎の逆余弦
        • asinhm双曲線逆正弦行列
        • asinm行列用の逆正弦
        • atanhm行列の双曲線逆正接
        • atanm正方行列の逆正接
        • coshm行列の双曲線余弦
        • cosm行列余弦関数
        • cothm行列双曲線コタンジェント(余接)
        • sinhm行列双曲線正弦
        • sinm行列正弦関数
        • tanhm双曲線正接行列
        • tanm行列正接
      • acos要素毎の逆余弦(rad)
      • acosd要素毎の逆余弦, 結果は度.
      • acoshhyperbolic cosine inverse
      • acot引数の要素毎の逆正接を計算する.
      • acotd引数の要素毎の逆正接(単位:度)を計算する.
      • acoth要素毎の逆双曲線正接.
      • acsc引数の逆余割を要素毎に計算する.
      • acscd引数の逆余割を要素毎に計算し,結果を度単位で返す.
      • acsch引数の逆双曲線余割を要素毎に計算する.
      • asec引数の要素毎の逆割線を計算する.
      • asecd引数の要素毎の逆割線を計算し,結果を度単位で返す.
      • asech引数の要素毎の逆双曲線割線を計算する.
      • asin逆正弦
      • asind逆正弦 (結果の単位: 度)
      • asinh双曲線逆正弦
      • atan2象限および 4象限逆正接
      • atand2象限および 4象限逆正接, 結果の単位は度.
      • atanh双曲線逆正接
      • cos余弦関数
      • cosd要素毎の余弦(引数の単位:度)
      • cosh双曲線余弦
      • cotdコタンジェント(余接,引数の単位:度)
      • cotgコタンジェント(余接)
      • coth双曲線コタンジェント(余接)
      • csc引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する.
      • cscd度単位で指定した引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する
      • csch引数の双曲線コセカントを要素毎に計算する.
      • csgn複素数の実部のベクトル符号を返す
      • sec引数の割線を要素毎に計算する.
      • secd要素毎の割線(引数の単位:度)
      • sech引数の双曲線割線を要素毎に計算する
      • sin正弦関数
      • sind要素毎の正弦(引数の単位:度).
      • sinh双曲線正弦
      • tan正接
      • tand正接 (単位: 度)
      • tanh双曲線正接
    • Bitwise operations
      • bitandbitwise logical AND between element-wise integers of 2 arrays
      • bitcmpbitwise complement of integers
      • bitgetExtracts from integers bits of given indices
      • bitorbitwise logical OR between element-wise integers of 2 arrays
      • bitsetSets bits of given indices in some integers
      • bitstringA string giving the literal bit representation of a number
      • bitxorbitwise logical XOR between element-wise integers of 2 arrays
    • &, &&Binary AND between integers. Logical AND over/between booleans and numbers
    • extraction行列およびリストのエントリの展開
    • ind2sub線形添字を添字付き行列に変換
    • assignation変数への部分的な代入
    • isempty変数が空の行列または空のリストかどうかを調べる
    • isequalbitwisecomparison of objects (NaN are equal)
    • pmodulo正のモジュロmユークリッド剰余演算
    • ndims配列の次元の数
    • |, ||Binary OR between integers. Logical OR over/between booleans and numbers
    • sizeオブジェクトの大きさ
    • sub2ind行列添字を線形添字に変換
  • FFTW
  • HDF5 files
    • h5is* tests
      • h5isArrayHDF5オブジェクトが配列かどうかを確認
      • h5isAttrHDF5オブジェクトが属性かどうか確認
      • h5isCompoundHDF5オブジェクトが複合オブジェクトかどうかを確認
      • h5isFileHDF5オブジェクトがファイルかどうか確認
      • h5isGroupHDF5オブジェクトがグループオブジェクトかどうか確認
      • h5isRefHDF5オブジェクトがリファレンスオブジェクトかどうか確認
      • h5isSetHDF5オブジェクトがデータセットかどうか確認
      • h5isSpaceHDF5オブジェクトがデータスペースかどうか確認
      • h5isTypeHDF5オブジェクトが型かどうか確認
      • h5isVlenHDF5オブジェクトが可変長配列かどうか確認
    • h5attr属性を作成する
    • h5closeHDF5オブジェクトを閉じる
    • h5cpオブジェクトをコピーする
    • h5datasetデータセットを作成し, データを書き込む
    • h5dumpH5オブジェクトの内容を標準出力ストリームにダンプ
    • h5exists指定した名前のオブジェクトが存在するかどうかを確認
    • h5flushファイルに関連するバッファを全てフラッシュする
    • h5get指定した名前のオブジェクトを取得
    • h5groupグループを作成
    • h5labelデータセットに名前を付ける
    • h5lnオブジェクトを他のオブジェクトにリンクする
    • h5lsHDF5オブジェクト (グループまたはデータセット)の内容の一覧を得る
    • h5mountグループにファイルをマウントする
    • h5mvオブジェクトを移動
    • H5 Objects種々のH5オブジェクトのプロパティを説明
    • h5openHDF5ファイルをオープン
    • h5readHDF5データセットのデータを読み込む
    • h5readattrHDF5属性のデータを読み込む
    • h5rmHDF5ファイルから要素を削除
    • h5umountマウントされたファイルのマウント解除する.
    • h5writeデータセットを作成(存在しない場合)し, データを書き込む
    • h5writeattrグループまたはデータセット内に属性を書き込む
  • Files : Input/Output functions
    • Directory
      • cdScilab カレントディレクトリを変更する
      • createdir新規ディレクトリを作成
      • dirファイル一覧を取得する
      • isdir引数がディレクトリパスかどうかを調べる
      • lsファイルを表示
      • mkdir新規ディレクトリ
      • pwdScilab カレントディレクトリを取得
      • removedirディレクトリを削除
      • rmdirディレクトリを削除
    • file_system
      • copyfileファイルをコピー
      • deletefileファイルを削除する
      • fileinfoファイルに関する情報を出力
      • findfiles指定したファイル仕様を有する全てのファイルを見つける
      • isfile引数が既存のファイルかどうか調べる
      • listfilesファイルのリスト
      • mdeleteファイルを削除
      • movefileファイルまたはディレクトリを移動する
      • newestファイルの集合の中で最新のファイルを返す
    • Paths - Filenames
      • basenameファイル名からディレクトリと接尾辞を取り除く
      • dirnameファイル名からディレクトリを得る (obsolete)
      • fileextファイルパスの拡張子を返す
      • filepartsファイルパスのパス,ファイル名,拡張子を返す
      • filesepカレントのプラットフォームにおけるディレクトのリセパレータを返す
      • fullfileパーツから完全なファイル名を構築
      • fullpath指定した相対パス名に関する完全なパス名を作成する.
      • get_absolute_file_pathScilabでオープンしたファイルの絶対パス名を出力します.
      • getdrivesコンピュータのファイルシステムにマウントされている全ての ドライブ名を取得する.
      • getlongpathnameロングパス名を取得 (Windows専用)
      • getrelativefilename絶対ディレクトリおよび絶対ファイル名を指定すると, 相対ファイル名を返す.
      • getshortpathnameショートパス名を取得 (Windows専用)
      • is_absolute_path引数が絶対パスかどうか調べる
      • pathconvertPOSIXおよびwindowsの間でパス名を変換.
      • pathsep現在のオペレーティングシステムのPATH環境変数で使用されるパス区切り文字を提供します.
      • splitURLURL (HTTP, HTTPS, FTP...) を分解
      • tempnameユニークなファイル名を有するファイルを作成
    • dispfilesオープンされているファイルのプロパティを表示
    • fprintfMat行列をファイルに書き込む
    • fscanfMatテキストファイルから行列を読み込む
    • getmd5md5 チェックサムを取得
    • getURLURL (HTTP, HTTPS, FTP...) をダウンロード
    • hashget checksum of file or string using various digest algorithms
    • %io標準入力および標準出力を保持する変数(ファイル記述子).
    • listvarinfile保存されたデータファイルの中の変数の一覧を得る
    • mclearerrバイナリファイルアクセスエラーをリセット
    • mcloseオープンされているファイルを閉じる
    • meofファイルの終端に達したかどうかを確認する
    • merrorファイルアクセスに関するエラーインジケータを調べる
    • mfprintfconverts, formats, and writes data to a file
    • msscanf文字列から入力を読み込む (C言語の sscanf 関数へのインターフェイス)
    • mgetiparses numbers in a binary file and returns them as encoded integers
    • mgetlアスキーファイルから行を読み込む
    • mgetstrファイルから文字列を読み込む
    • mopenファイルをオープン
    • mput指定したバイナリ形式でバイトまたはワードを書き込む
    • mputlテキストファイルに文字列を書き込む
    • mputstrwrite a single text in an open file
    • mseekバイナリファイルの中でカレントの位置を設定する.
    • mtellファイル先頭基準でカレントバイトのオフセットを返す
    • save_format"save"で作成されるファイルの形式
    • scanf標準入力を整形された入力に変換する
    • scanf_conversionmscanf, msscanf, mfscanf 変換指定子
  • Graphics
    • 2d_plot
      • champ2次元ベクトルフィールドのプロット
      • champ1色付の矢印を有する2次元ベクトルフィールドのプロット (obsolete)
      • champ_properties2次元ベクトルフィールドエンティティプロパティの説明
      • comet2次元 comet アニメーションプロット
      • contour2d2次元プロット上に曲面の等高線を描画
      • contour2di2次元プロット上の曲面の等高線を計算
      • contour2dmcompute level curves of a surface defined with a mesh
      • contourf2次元プロット上に曲面の塗りつぶした等高線を描画
      • cutaxesplots curves or an existing axes along a discontinuous or multiscaled axis
      • errbar2次元プロットに垂直誤差バーを追加
      • fchamp2次元1階常微分方程式(ODE)のフィールド方向
      • fec三角メッシュ上に定義された関数の擬似カラープロット
      • fec_propertiesfec エンティティプロパティの説明
      • fgrayplot関数により定義される曲面のカラー二次元プロット
      • fplot2d関数で定義された曲線の二次元プロット (obsolete)
      • grayplot曲面の2次元カラープロット
      • grayplot_propertiesgrayplotエンティティのプロパティの説明
      • graypolarplot曲面の極座標2次元カラープロット
      • histplotヒストグラムをプロットする
      • LineSpecプロットの線の外観を簡単にカスタマイズするための仕様
      • loglog2D logarithmic plot
      • Matplot行列のカラー二次元プロット
      • Matplot1行列の2次元カラープロット
      • Matplot_propertiesMatplotエンティティプロパティの説明
      • paramfplot2d関数で定義された曲線の2次元アニメーションプロット
      • plot2Dプロット
      • plot2d2Dプロット
      • plot2d22次元プロット (階段状関数)
      • plot2d32次元プロット (垂直棒グラフ)
      • plot2d42次元プロット (矢印形式)
      • plotimplicitPlots the (x,y) lines solving an implicit equation or Function(x,y)=0
      • polarplot極座標プロット
      • scatter2D scatter plot
      • semilogx2D semilogarithmic plot
      • semilogy2D semilogarithmic plot
      • Sfgrayplot関数により定義された曲面の平滑化2次元カラープロット
      • Sgrayplot色付きの曲面の2次元平滑化プロット
    • 3d_plot
      • bar3d3D棒グラフ
      • comet3d3次元 comet アニメーションプロット
      • contour3次元曲面に等高線を描画
      • eval3dp3次元パラメータ表現の曲面の小平面を計算
      • fplot3d関数により定義された曲面の3次元プロット
      • fplot3d1関数により定義された曲面の3次元グレーまたは カラーレベルプロット
      • genfac3d3次元曲面の小平面を計算
      • geom3d3次元プロットの後に3次元から2次元へ投影する
      • hist3d3次元ヒストグラム (obsolete)
      • mesh3次元メッシュプロット
      • nf3dplot3d パラメータ用の矩形小平面
      • param3d1plots a set of curves in a 3D cartesian frame. 1D mesh plot
      • param3d_プロパティ3次元曲線エンティティのプロパティの説明
      • plot3d曲面の3次元プロット
      • plot3d1曲面の3次元白黒またはカラープロット
      • plot3d2矩形の小平面により定義された曲面をプロット
      • plot3d3矩形の小平面により定義される曲面のメッシュプロット
      • scatter33D scatter plot (obsolete)
      • secto3d3次元曲面変換
      • surf3次元曲面プロット
      • surface_properties3次元エンティティプロパティの説明
    • annotation
      • captionsグラフの表題を描画
      • label_propertiesLabelエンティティプロパティの説明
      • legendグラフの凡例を描画する
      • legend_propertiesLegend エンティティプロパティの説明.
      • legendsグラフの凡例を描画
      • titledisplays a title above a graphic axes, or updates its properties.
      • zlabelsets or updates the z-axis label or/and its properties
      • xtitleグラフィックスウインドにタイトルを追加する
    • axes_operations
      • axes_propertiesaxesエンティティプロパティの説明
      • gcaカレントの軸のハンドルを返す.
      • gdaデフォルトの軸(axes)のハンドルを取得.
      • isoviewtunes isometric rendering of graphical axes
      • newaxes新しいAxesエンティティを作成
      • plotframeスケールとグリッドを指定してフレームをプロット. この関数は廃止されました.
      • replot新しい境界を指定してカレントまたは指定した軸で再描画
      • rotate_axesAxesハンドルを対話的に回転.
      • scaカレントの軸のエンティティを設定する
      • sdaデフォルトの軸(Axes)を工場出荷時のデフォルト値にリセット
      • subplotグラフィックウインドウをサブウインドウの行列に分割する
      • unzoomグラフィックのズームを解除する
      • xgrid2次元または3次元プロットにグリッドを追加
      • xsetechプロット時にグラフィックウインドのサブウインドウを設定
      • zoom_rectカレントのグラフィック図の選択した部分をズーム
    • axis
    • bar_histogram
      • bar棒ヒストグラム
      • barh棒ヒストグラムの水平表示
      • barhomogenizeカレントの軸に含まれる棒グラフを均質化する
    • Color management
      • colormaps
      • addcolorカレントのカラーマップに新色を追加する
      • color色の色IDを取得
      • color_list色の名前のリスト
      • colorbardraws a vertical color bar
      • colormapカラーマップを定義
      • getcolorカレントのカラーマップの色を示すダイアログをオープンする
      • hsv2rgbHSV カラーを RGBに変換する
      • name2rgb指定した名前の色の RGB値を返す
      • rgb2name色の名前を返す
      • uigetcolor色を選択するダイアログを開く.
    • Datatips
      • datatipプロパティdatatipエンティティプロパティの説明
      • datatipCreateプログラムによりポリラインのデータ情報を作成する
      • datatipGetEntities指定した軸においてdatatipsを互換性があるエンティティを全て取得する.
      • datatipManagerModedatatipsモードを設定またはトグルする.
      • datatipMoveマウスにより指定したdatatipを移動する.
      • datatipRemove選択したdatatipを削除する
      • datatipRemoveAll一連のポリラインの上のdatatipsを全て削除する.
      • datatipsプロットされた曲線に情報(tips)を配置,編集するためのツール.
      • datatipSetDisplaydatatip文字列を計算する際に使用される関数を設定.
      • datatipSetInterpdatatipの補間モードを設定する.
      • datatipSetOrientation指定したtipに関係するテキストボックスの位置を設定.
      • datatipSetStyledatatipの様式を指定する.
      • datatipToggledata tipsモードをトグルする (時代遅れ).
    • figure_operations
      • anti_aliasingFigure's property smoothing the stair-like aspect when rendering curves
      • clfClears and resets a figure or a frame uicontrol
      • colordefSet the color look-and-feel of a given or of all forthcoming graphic figures
      • drawlater軸の子を不可視にする.
      • drawnow隠されたグラフィックエンティティを描画.
      • figure_propertiesグラフィックエンティティプロパティの説明
      • gcfカレントグラフィックウインドウのハンドルを返す.
      • gdfデフォルトの図(figure)のハンドルを取得.
      • pixel_drawing_modeFigure's property setting the RGBwise pixels update mode when drawing
      • scfカレントの図に指定する (window)
      • sdfデフォルトの図(figure)を設定.
      • show_window特定のグラフィックウインドウを前面に移動する
      • winsidグラフィックウインドウのリストを返す
      • xdelグラフィックウインドウを削除する (obsolete)
      • xnameカレントのグラフィックウインドウの名前を変更する (obsolete))
    • geometric_shapes
      • arc_propertiesarc (弧)エンティティプロパティの説明
      • rectangle_propertiesRectangleエンティティプロパティの説明
      • segs_propertiesSegmentsエンティティプロパティの説明
      • xarc楕円の一部を描画する
      • xarcs楕円の集合の一部を描画する
      • xarrows2Dまたは3Dで矢印を描画
      • xfarc楕円の一部を塗りつぶす
      • xfarcs楕円の集合の一部を塗りつぶす
      • xfrect矩形を塗りつぶす
      • xrect矩形を描画する
      • xrects一連の矩形を描画または塗りつぶす
      • xsegs接続されていない線分を描画
    • handle
      • copyグラフィックエンティティをコピー.
      • deleteグラフィックエンティティとその子を削除.
      • gceカレントのエンティティのハンドルを取得.
      • gedScilabグラフィックエディタ
      • get_figure_handle指定したIDの図のハンドルを取得 (obsolete)
      • glue一連のグラフィックエンティティをCompoundに結合する.
      • is_handle_valid一連のグラフィックハンドルが有効であるかどうかを確認する.
      • swap_handlesグラフィック階層の2つのハンドルを交換する.
      • unglue結合されたオブジェクトを分解し,個々の子で置換する.
    • interaction
      • dragrectマウスで矩形をドラッグ
      • edit_curvグラフィック曲線エディタへのインターフェイス
      • event handler functionsイベントハンドラとして使用できる関数のプロトタイプ.
      • locatemouse selection of a set of points in a 2D axes
      • rubberbox矩形選択用の輪ゴムボックス
      • seteventhandlerカレントのグラフィックウインドウのイベントハンドルを設定
      • twinklehighlights one or more graphical objects by flashing them
      • xclickマウスクリップを待つ.
      • xgetmouseマウスのイベントおよびカレントの位置を取得する
    • lighting
    • load_save
      • xloaddisplays in a given window some graphical component loaded from a file.
      • xsaveファイルにグラフィックを保存する
    • polygon
      • polyline_propertiesPolylineエンティティプロパティの説明
      • xfpolyポリゴンを塗りつぶす
      • xfpolys一連のポリゴンを塗りつぶす
      • xpolyポリラインまたはポリゴンを描画する
      • xpolys一連のポリラインまたはポリゴンを描画
      • xrpoly正多角形を描画する
    • property
      • getGets the handle of a graphical or User Interface object, or the property's value of objects.
      • setグラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
    • text
      • graphics_fontsグラフィック図で使用されるフォントの説明
      • Math rendering in Scilab graphicsLaTeX またはMathML言語によりScilabグラフィックスで数式を表示する.
      • stringboxテキストまたはラベルのバウンディングボックスを計算
      • text_propertiesTextエンティティプロパティの説明
      • titlepageグラフィックウインドウの中央にタイトルを追加する
      • xlfontグラフィックコンテキストにフォントをロードする またはロード済みのフォントを検索する
      • xnumb数字を描画
      • xstring文字列を描画
      • xstringb文字列をボックス内に描画
      • xstringl文字列を囲うボックスを計算
    • transform
      • moveグラフィックエンティティおよびその子を移動, 変換する
      • orthProj点の平面上のポリラインへの直交射影を計算する
      • rotate点の集合を回転
      • scaling点の集合をアフィン変換する
    • Compound_propertiesCompoundエンティティのプロパティの説明
    • GlobalPropertyplotまたはsurfコマンドでオブジェクト(曲線,曲面...)の外観をカスタマイズ.
    • Graphics: Getting startedグラフィックライブラリの概要
    • graphics_entitiesグラフィックスエンティティデータ構造体の説明
    • menusグラフィックオブジェクトエディタの機能に関する説明
    • pie円グラフを描画
    • multiscaled plotsHow to set several axes for one curve or for curves with distinct scales
    • xchange実座標をピクセル座標に変換する
    • xgetグラフィックコンテキストのカレントの値を取得. この関数は廃止されました.
    • xsetグラフィックコンテキストの値を設定. この関数は廃止されました.
  • Graphics export
    • driverグラフィックドライバを選択する
    • xendグラフィックセッションを閉じる
    • xinitグラフィックドライバの初期化
    • xs2bmpBMPファイルにグラフィックスを出力.
    • xs2emfEMFにグラフィックスを出力.
    • xs2epsグラフィックスをEPS ファイルに出力.
    • xs2gifGIFファイルにグラフィックスを出力.
    • xs2jpgJPGファイルにグラフィックスを出力.
    • xs2pdfグラフィックスをPDFファイルに保存する.
    • xs2pngグラフィックスをPNG ファイルに出力.
    • xs2ppmグラフィックスをPPMファイルに出力.
    • xs2psグラフィックスをPSファイルに出力.
    • xs2svgグラフィックスをSVGファイルに出力.
  • GUI
  • Data Structures
    • cells
      • cell空行列のセル配列を作成する.
      • cell2matセル配列を行列に変換
      • cellstr文字列ベクトル(または文字列行列)を文字列のセルに変換
      • iscell変数がセル配列かどうかを調べる
      • iscellstr変数が文字列のセル配列であるかどうか調べる
      • makecellセル配列を作成.
      • num2cell配列をセル配列に変換する
    • bool2s論理値行列を0,1を値とする行列に変換する.
    • definedfieldsフィールド値が定義済みのリストの添え字を返す
    • fieldnamestlist, mlist または 構造体のフィールド名を取得します
    • getfieldリストのフィールドの展開
    • isfield指定したフィールド名が構造体またはmlistまたはtlistの中にあるかどうか調べる
    • isstruct変数が構造体配列であるかどうか調べる
    • listScilab オブジェクトおよびリスト関数定義
    • list2vecリストのエントリを行列に連結する.
    • lstcatリストの結合
    • mlistScilab オブジェクト, 型付リスト定義に向いた行列.
    • nulldeletes a list component or a field of a structure, Mlist, or Tlist
    • rlistScilab 有理関数定義
    • setfieldmlist, tlist, またはlistの要素の値を変更する
    • structBuilds a structure or an array of structures
    • tlistScilab オブジェクトおよび型付のリスト定義.
    • tree_showDisplays a tree view of a list, tlist, mlist, cell or structure array, Xcos block
    • vec2listInverse function of list2vec.
  • Functions
    • Built-in & external
      • clearfunプリミティブ(組み込み関数)を削除
      • externalScilabオブジェクト, 外部関数またはルーチン
      • funptrプリミティブのコーディング ( 上級者向け )
      • intpptyプロパティを指定するインターフェイス引数を指定
      • newfun関数のテーブルに名前を追加する
      • whatScilabプリミティブの一覧を得る
    • Libraries
      • genlibbuilds a library from a set of *.sci files defining functions in a given directory
      • get_function_pathライブラリ関数のソースファイルのパスを取得
      • libloads a library of Scilab functions and variables, and sets its name
      • librarieslistscilabライブラリを取得
      • libraryinfoマクロとscilabライブラリのパスを取得
    • argn関数コールの入力/出力引数の数を返す
    • deffin-line definition of a (anonymous) function in Scilab language
    • execスクリプトファイルを実行する
    • execstr文字列中のScilabコードを実行
    • feval関数(または外部ルーチン)を評価する
    • funcprotScilab関数保護モードを切替える
    • endfunction関数定義を閉じる
    • getdディレクトリで定義された全ての関数を取得する
    • macr2treeツリー変換用の関数
    • macroScilabプロシージャおよび Scilabオブジェクト
    • macrovar関数の変数
    • overloading表示,関数および演算子オーバーロード機能
    • tree2codeScilab関数のアスキー定義を生成する
    • varargin入力引数リストの引数の数を可変にする
    • varargout出力変数リストの引数の数を可変にする
    • whereisReturns the name of the loaded library/module a given function belongs to
  • Development tools
  • Demo Tools
  • Dynamic/incremental Link
    • addinternew functions interface dynamic link at run time.
    • c_linkcheck if symbol loaded with dynamic link
    • callFortran or C user routines call
    • chooselcccompilermoved as toolbox in ATOMS
    • configure_ifortset environments variables for Intel Fortran Compiler (Windows).
    • configure_msvcset environments variables for Microsoft C Compiler.
    • dllinfoprovides information about the format and symbols provided in executable and DLL files (Windows).
    • findmsifortcompilerdetects Intel fortran Compiler
    • findmsvccompilerdetects Microsoft C Compiler
    • G_makecall make or nmake
    • getdynlibextget the extension of dynamic libraries on your operating system.
    • haveacompilerdetect if you have a C compiler.
    • ilib_buildutility for shared library management
    • ilib_build_jarBuild Java packages from sources into a JAR file
    • ilib_compileilib_build utility: executes the Makefile produced by ilib_gen_Make
    • ilib_for_linkutility for shared library management with link
    • ilib_gen_cleanerutility for ilib_build: generates a cleaner file
    • ilib_gen_gatewayutility for ilib_build, generates a gateway file.
    • ilib_gen_loaderutility for ilib_build: generates a loader file
    • ilib_gen_Makeutility for ilib_build: produces a Makefile for building shared libraries
    • ilib_include_flagReturn a formatted includes related string to pass to system compiler
    • ilib_mex_buildutility for mex library management
    • ilib_verboseset level of display used by dynamic link functions.
    • linkdynamic linker
    • Supported and compatible compilerssupported and compatible compilers by Scilab
    • ulinkunlink/unload a dynamically linked shared object
  • Online help management
    • utilities
      • add_help_chapterAdd an entry in the help list
      • del_help_chapterDelete an entry in the help list
      • help_from_sciGenerate help files and demo files from the head comments section of a .sci source file.
      • help_skeletonbuild the skeleton of the xml help file associated to a Scilab function
      • Link toolbox help with Scilab oneHow to make hyperlink in toolbox help pointing to Scilab's items
      • Scilab documentation formaton line help XML file description format
      • maneditediting a manual item
      • %helpsglobal variable: paths to help directories of loaded external modules
      • xmltohtmlconverts xml Scilab help files to HTML format
      • xmltojarconverts xml Scilab help files to javaHelp format
      • xmltopdfconverts xml Scilab help files to pdf format
      • xmltopsconverts xml Scilab help files to postscript format
    • apropossearches keywords in Scilab help
    • head_commentsScilab関数のヘッダのコメントを表示
    • helpqueries and displays help pages in the Scilab help browser
  • Java from Scilab
    • 入門 - 第1ステップJava Scilab バインディングを使用するには?
    • 入門 - 第2ステップJava Scilab バインディングを使用するには?
    • jallowClassReloadingクラスリロード機能を有効にする
    • jarrayJava配列を作成
    • jautoTranspose行列を変換する方法を指定
    • jautoUnwrap返された値を自動的にアンラップする
    • jcastJavaオブジェクトを別オブジェクトにキャスト.
    • jcompileJavaコードまたはファイルをコンパイルする
    • jcreatejarファイル/ディレクトリからJava ARchive (JAR) を作成
    • jdeff静的JavaメソッドをScilabマクロにマップ
    • jdisableTraceトレース処理を停止.
    • jenableTraceデバッグ用にJIMSの内部機能のトレースを有効にする.
    • jexistsScilab Java オブジェクトがJava側で有効かどうか確認する
    • jgetclassname指定したオブジェクトのクラス名を返す
    • jgetfieldJavaオブジェクトのフィールドの値を取得
    • jgetfieldsJavaオブジェクトのフィールドを全て取得
    • jgetinfoJava仮想マシンに関する情報を返す
    • jgetmethodsJavaオブジェクトの全メソッドを取得
    • jimportJavaクラスをインポートする
    • jinvokeJavaオブジェクトのメソッドを呼び出す
    • jinvoke_dbJavaダイレクトバッファによりJavaオブジェクトのメソッドを 呼び出す
    • jnewInstanceJavaクラスの新規インスタンスを作成
    • jnullJava nullオブジェクトのScilab版.
    • jremoveJava側のJavaオブジェクトを削除
    • jsetfieldJavaオブジェクトのフィールドを設定
    • junwrapJavaオブジェクトをScilabネーティブ型に変換
    • junwrapremJavaオブジェクトをScilabネーティブ型に変換し,Java側から削除
    • jvoid引数なしの関数用
    • jwrapScilab変数をJava変数にラップする
    • jwrapincharScilab uint16行列をJava char多次元配列にラップ.
    • jwrapinfloatScilab double行列をJava float多次元配列にラップ.
    • newJavaクラスの新規インスタンスを作成
  • Coverage
    • covMergeMerges coverage results and exports to a file
    • covStartInstruments some macros to store runtime information on code coverage and execution time
    • covStopRemoves all instrumentation data
    • covWriteExports runtime information to files
    • profileGeneral information about instrumentation capabilities
    • profileDisableRemove instrumentation from a function, a library or remove all instrumentation
    • profileEnableAdd instrumentation to a function, a library or all available functions
    • profileGetInfoRetrieve instrumentation information as a Scilab value

Comments


See comments in other languages: Português: 2 comment(s)

Add a comment:
Please login to comment this page.

Report an issue

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Jul 20 11:20:48 CEST 2021