Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> GUI > figure

figure

図を作成する

呼び出し手順

f = figure(num);
f = figure("PropertyName1", Propertyvalue1, ..., ..., "PropertyNameN", PropertyvalueN);

説明

このルーチンは図を作成します. IDが指定された場合, このIDに対応する図が作成されます. それ以外の場合, ウインドウは最初のフリーなID,すなわちウインドウで使用されていない 最小の番号で作成されます.

引数

num

作成するウインドウのID. 指定されない場合, 最初のフリーなIDが使用されます.

PropertyName{1, ..., N}

設定するプロパティ名の文字列, among all existing ones.

  • 'dockable', 'toolbar' and 'menubar' properties can be set only at figure's creation.
  • 'resizefcn': when it is set at figure's creation, the callback is first executed while building the initial figure. Hence it must already be defined and callable.
PropertyValue{1, ..., N}

対応するプロパティに指定するscilabオブジェクトの値.

f

新規に作成されたウインドウのハンドル.

// figure_id==3の図を作成します
h=figure(3);
// 図3にテキストuicontrolを追加します
uicontrol(h, "style", "text", ...
             "string", "This is a figure", ...
             "position", [50 70 100 100], ...
             "fontsize",15);

// figure_id==1の図を作成します
figure();
// 図1のテキストuicontrolを追加します
uicontrol("style", "text", ...
          "string", "Another figure", ...
          "position", [50 70 100 100], ...
          "fontsize", 15);

// カレントの図(すなわち,図1)を閉じる
close();
// 図3を閉じる
close(h);

参照

  • scf — カレントの図に指定する (window)
  • gcf — カレントグラフィックウインドウのハンドルを返す.
  • createWindow — ウインドウを作成
  • figure_properties — グラフィックエンティティプロパティの説明
  • close — グラフィックフィギュア,進行バーまたは待機バー,ヘルプブラウザ,xcos,browsevar,またはeditvarを閉じます
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Jul 20 11:20:47 CEST 2021