Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский
Scilabヘルプ >> Files : Input/Output functions > mtell

mtell

ファイル先頭基準でカレントバイトのオフセットを返す

呼び出し手順

mtell([fd])

引数

fd

スカラー: mopen関数により返されたファイル記述子. -1は直近にオープンされたファイルを意味します. デフォルト値は-1です.

説明

関数 mtell は, 名前付きのストリームfdが指すファイルの先頭を基準として カレントのバイトのオフセットを返します.

// バイナリ書き込みでテンポラリファイルをオープン
testFile=TMPDIR + '/testFile.bin';
fd = mopen(testFile,'wb');

mput(42,'d'); // 直近にオープンされたファイルに 42を書き込みます
mtell() // ファイル記述子のカレントの位置, 8を返します

mput(42+2,'d', fd); // オープンされたfdに透過的に42を書き込みます
mtell(fd) // ファイル記述子のカレントの位置, 16を返します

mseek(0, fd); // ファイル先端に戻る
mtell(fd) // 0を返します

mclose(fd);

参照

  • mclose — オープンされているファイルを閉じる
  • meof — ファイルの終端に達したかどうかを確認する
  • mfprintf — converts, formats, and writes data to a file
  • fprintfMat — 行列をファイルに書き込む
  • mfscanf — 標準入力から入力を読み込む (C言語の scanf 関数へのインターフェイス)
  • fscanfMat — テキストファイルから行列を読み込む
  • mget — parses numbers in a binary file and returns them as decimals
  • mgetstr — ファイルから文字列を読み込む
  • mopen — ファイルをオープン
  • mput — 指定したバイナリ形式でバイトまたはワードを書き込む
  • mputstr — write a single text in an open file
  • mscanf
  • mseek — バイナリファイルの中でカレントの位置を設定する.
  • mtell — ファイル先頭基準でカレントバイトのオフセットを返す
  • mdelete — ファイルを削除
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Jul 20 11:20:44 CEST 2021