Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > rowregul

rowregul

無限大にある極およびゼロを削除

呼び出し手順

[Stmp,Ws]=rowregul(Sl,alfa,beta)

パラメータ

Sl,Stmp

syslin リスト

alfa,beta

実数 (新しい極とゼロの位置)

説明

Stmp=Ws*Slがプロパーで D行列がフルランクの時, ポストフィルタ Wsを計算します.

Sl の無限大にある極は alfaに移動されます;

Slの無限大にあるゼロは are moved to beta に移動されます;

Sl は, 状態空間表現(多項式 D行列も加わる可能性有)の 右可逆線形システム(syslin リスト) であると仮定されます.

この関数は coleregul の双対です (以下の関数コード参照).

s=%s;
w=[1/s,0;s/(s^3+2),2/s];
Sl=tf2ss(w);
[Stmp,Ws]=rowregul(Sl,-1,-2);
Stmp('D')     // StmpのD行列
clean(ss2tf(Stmp))

参照

  • invsyslin — 逆システム
  • colregul — 無限大にある極及びゼロを取り除く
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012