Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > lft

lft

線形分数変換

呼出し手順

[P1]=lft(P,K)
[P1]=lft(P,r,K)
[P1,r1]=lft(P,r,Ps,rs)

パラメータ

P

線形システム (syslin リスト), ``拡張'' プラント, 暗黙のうちに4つの区画(2つの入力ポートと2つの出力ポート)に分割されます.

K

線形システム (syslin リスト), コントローラ (通常のゲインの場合もあります).

r

1x2 行ベクトル, P22の次元

Ps

線形システム (syslin リスト), 暗黙のうちに4つの区画(2つの入力ポートと2つの出力ポート)に分割されます.

rs

1x2 行ベクトル, Ps22の次元

説明

状態空間形式または伝達関数(syslin リスト)の 二つの標準プラントP および Psの 間で線形分数変換を行います.

r= size(P22) rs=size(P22s)

lft(P,r, K) は, PとコントローラKの間の 線形分数変換です. (Kは状態空間表現または伝達関数形式の ゲインまたはコントローラです);

lft(P,K) は, r=Kの転置の大きさ, を指定した lft(P,r,K) です;

P1= P11+P12*K* (I-P22*K)^-1 *P21

[P1,r1]=lft(P,r,Ps,rs)P および Psの 一般化LFT(2ポート)を返します.

P1 は2ポートの相互結合されたプラントで, P1r1で指定された4ブロックに分割されています. ただし,r1は,P122ブロックの次元です.

PR は PSSDs, すなわち多項式行列 D,とすることができます.

s=poly(0,'s');
P=[1/s, 1/(s+1); 1/(s+2),2/s]; K= 1/(s-1);
lft(P,K)
lft(P,[1,1],K)
P(1,1)+P(1,2)*K*inv(1-P(2,2)*K)*P(2,1)   //Numerically dangerous!
ss2tf(lft(tf2ss(P),tf2ss(K)))
lft(P,-1)
f=[0,0;0,1];w=P/.f; w(1,1)
//Improper plant (PID control)
W=[1,1;1,1/(s^2+0.1*s)];K=1+1/s+s
lft(W,[1,1],K); ss2tf(lft(tf2ss(W),[1,1],tf2ss(K)))

参照

  • sensi — 感度関数
  • augment — 拡張プラント
  • feedback — フィードバック操作
  • sysdiag — ブロック対角システム接続
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012