Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > h_inf

h_inf

H無限大 (中心) コントローラ

呼び出し手順

[Sk,ro]=h_inf(P,r,romin,romax,nmax)
[Sk,rk,ro]=h_inf(P,r,romin,romax,nmax)

パラメータ

P

syslin リスト : 連続時間線形システム (状態空間形式または伝達形式で指定した``拡張'' プラント)

r

P22プラントの大きさ すなわち,長さ2のベクトル[#outputs,#inputs]

romin,romax

ro=1/gama^2に関するアプリオリ境界; (通常はromin=0)

nmax

整数, ガンマ反復の最大回数.

説明

h_inf は連続時間プラントP のH無限大最適コントローラを計算します.

Pの4個のサブプラントへの分割は, P22部分の大きさである 2要素のベクトル r により指定されます.

P は状態空間表現, 例えば,A,B,C,D = 定数行列を用いて, P=syslin('c',A,B,C,D), または,伝達関数Hを用いてP=syslin('c',H) により指定します.

[Sk,ro]=H_inf(P,r,romin,romax,nmax) は, [romin,romax]roと, Pと同じ形式の中心コントローラ Sk を返します.

(全ての計算は状態空間で行われます, すなわち,状態空間への変換は必要に応じて関数により自動的に 行われます).

左辺パラメータを3個指定してコールされた場合,

[Sk,rk,ro]=H_inf(P,r,romin,romax,nmax) は, roと安定化コントローラのパラメトリゼーション を返します:

安定化コントローラ KK=lft(Sk,r,PHI) により得られます. ただし, PHIは次元r' の線形システムで,次の関係を満たします:

H_norm(PHI) < gamma. rk (=r) は, nmax回反復後の Sk22 ブロックの大きさです.

アルゴリズムは, Safonov-Limebeer に基づきます. P は連続時間プラントであることを前提と することに注意してください.

参照

  • gamitg — H無限大ガンマ・イタレーション
  • ccontrg — H無限大コントローラの中央解
  • leqr — H無限大 LQ ゲイン (全状態)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012