Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > dscr

dscr

線形システムの離散化

呼び出し手順

[sld [,r]]=dscr(sl,dt [,m])

パラメータ

sl

[A,B,C,D]を含むsyslin リスト.

dt

実数, サンプル周期

m

入力ノイズの共分散 (連続時間)(デフォルト値=0)

r

mが入力として指定された場合の出力ノイズの共分散 (離散時間)

sld

サンプル値 (離散時間) 線形システム, syslin リスト

説明

線形システムの離散化. sl は次のような連続時間システムです:

dx/dt=A*x+B*u (+ noise).

sldslを サンプルすることにより得られる離散時間システムです.

s=poly(0,'s');
Sys=syslin('c',[1,1/(s+1);2*s/(s^2+2),1/s])
ss2tf(dscr(tf2ss(Sys),0.1))

参照

  • syslin — 線形システムを定義する
  • flts — 時間応答 (離散時間, 離散化システム)
  • dsimul — 離散時間状態空間シミュレーション
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:27 CEST 2012