Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > Format representations and conversions > ss2tf

ss2tf

状態空間から伝達関数への変換

呼び出し手順

[h]=ss2tf(sl)
[Ds,NUM,chi]=ss2tf(sl)

[h]=ss2tf(sl,"b")
[Ds,NUM,chi]=ss2tf(sl,"b")


[h]=ss2tf(sl,rmax)
[Ds,NUM,chi]=ss2tf(sl,rmax)

パラメータ

sl

線形システム (syslin リスト)

h

伝達関数行列

説明

出力を3個としてコール [Ds,NUM,chi]=ss2tf(sl) すると、 分子多項式行列 NUM, 特性方程式 chiおよび 多項式部分 Ds が別々に得られる. すなわち:

h = NUM/chi + Ds

手法:

特性多項式と det(A+Eij)=det(A)+C(i,j) が使用される. ただし,CAの随伴行列である.

rmax または引数 "b" を指定した場合, sl.A のブロック対角化を行い,このブロックに "Leverrier" アルゴリズムを適用する. 指定した場合, rmax は条件数を制御する (bdiag参照).

s=poly(0,'s');
h=[1,1/s;1/(s^2+1),s/(s^2-2)]
sl=tf2ss(h);
h=clean(ss2tf(sl))
[Ds,NUM,chi]=ss2tf(sl)

参照

  • tf2ss — 伝達関数から状態空間表現への変換
  • syslin — 線形システムを定義する
  • nlev — Leverrierのアルゴリズム
  • glever — 行列ペンシルの逆
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:27 CEST 2012