Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > riccati

riccati

リカッチ方程式

呼び出し手順

X=riccati(A,B,C,dom,[typ])
[X1,X2]=riccati(A,B,C,dom,[typ])

パラメータ

A,B,C

実数行列 nxn, B および対称行列 C .

dom

時間領域(連続または離散)に関する 'c' または 'd'

typ

文字列 : ブロック対角化の場合は'eigen', または Schur 法の場合はschur'.

X1,X2,X

正方実数行列 (X2 は可逆), 対称行列 X

説明

X=riccati(A,B,C,dom,[typ]) は次のリカッチ方程式を解きます:

A'*X+X*A-X*B*X+C=0

(連続系の場合),または

A'*X*A-(A'*X*B1/(B2+B1'*X*B1))*(B1'*X*A)+C-X

(離散時間系の場合), ただし B=B1/B2*B1'. 出力引数2個でコールされた場合, riccatiX=X1/X2となるようなX1,X2を返します.

参照

  • ricc — リカッチ方程式
  • ric_desc — リカッチ方程式
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012