Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> CACSD > pfss

pfss

部分分数分解

呼び出し手順

elts=pfss(Sl)
elts=pfss(Sl,rmax)
elts=pfss(Sl,'cord')
elts=pfss(Sl,rmax,'cord')

パラメータ

Sl

syslin リスト (状態空間または伝達行列システム) rmax : ブロック対角化座標の条件付けを制御する実数 : 文字列 'c' または 'd'.

説明

線形システムSl(状態空間形式,伝達行列は tf2ssにより自動的に状態空間形式に変換されます)の部分分数分解:

elts は, 加算するとSlとなる 線形システムのリストです. すなわち elts=list(S1,S2,S3,...,Sn) :

ただし,Sl = S1 + S2 +... +Sn.

SiSA行列のブロック対角に基づく Sのいくつかの極を含みます.

プロパーでないシステムの場合,Slの多項式部分が eltsの最後のエントリに置かれます.

Slが伝達形式で指定された場合, まず状態空間に変換され, その後,各サブシステムSiが伝達形式に変換されます.

A 行列の状態空間形式は, 関数bdiagによりブロック対角形式に変換されます. オプションのパラメータ rmaxbdiagに送られます. rmax はブロック対角化を成立させるために 大きな数に設定する必要があります.

オプションフラグ cord='c' が指定された場合, eltsの要素はA行列の固有値の実部 (cord='d'の場合は大きさ)でソートされます.

W=ssrand(1,1,6);
elts=pfss(W); 
W1=0;for k=1:size(elts), W1=W1+ss2tf(elts(k));end
clean(ss2tf(W)-W1)

参照

  • pbig — 固有投影
  • bdiag — ブロック対角化, 一般化固有ベクトル
  • coffg — 多項式行列の逆
  • dtsi — 安定な非安定分解
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012