Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.2. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> CACSD

CACSD

  • Control Design
    • Control Loop
      • augment拡張プラント
      • feedbackフィードバック操作
      • lft線形分数変換
    • Disturbance Decoupling
      • ddp外乱デカップリング
    • H-infinity
      • ccontrgH無限大コントローラの中央解
      • dhinf離散時間システムのH無限大設計
      • dhnorm離散 H無限大ノルム
      • gamitg連続時間システムのH無限大ガンマ・イタレーション
      • h2norm連続時間プロパー動的システムのH2ノルム
      • h_cl閉ループ行列
      • h_inf連続時間H無限大 (中心) コントローラ
      • h_inf_st静的なH_infinity問題
      • h_normH無限大ノルム
      • hinf連続時間システムのH無限大設計
      • linf無限大ノルム
      • linfn無限大ノルム
      • macglov連続時間動的システムのMac Farlane Glover 問題
      • nehari連続時間動的システムのネハリ近似
      • parrotParrotの問題
    • Linear Quadratic
      • fourplan拡張プラントを4つのプラントに変換する
      • gcare制御リカッチ方程式
      • gfareフィルタリカッチ方程式
      • leqrH無限大 LQ ゲイン (全状態)
      • lqe線形二次推定器 (カルマンフィルタ)
      • lqgLQG 補償器
      • lqg2stanLQG を標準問題に変換する
      • lqg_ltrLQG/LTR (loop transform recovery)設計
      • lqiLinear quadratic integral compensator (full state)
      • lqrLQ補償器 (全状態)
    • Pole Placement
      • kpure連続SISOシステムの限界フィードバックゲイン
      • krac2連続SISOシステムのフィードバックゲインの限界値
      • ppol極配置
      • stabil安定化
    • Tracking
      • gfrancis追尾用のフランシス方程式
  • Identification
    • arl2L2伝達関数近似による SISO モデル実現
    • armaxarmax 同定
    • armax1armax 同定
    • findABCD離散時間システムの部分空間の同定
    • findAC離散時間システム部分空間の同定
    • findBD状態量初期値および離散時間システムのシステム行列BとD
    • findBDKカルマンゲインおよび離散時間システムの B, D システム行列
    • findR線形時不変システムの行列を指定する際のプリプロセッサ
    • findx0BD状態量,離散時間システムのBおよびD行列を推定
    • imrep2ssインパルス応答の状態空間実現
    • inistate離散時間システムの状態量初期値を推定
    • lin線形化
    • sident離散時間状態空間実現およびカルマンゲイン
    • sorder離散時間システムの次数を計算
    • time_idSISO 最小二乗同定
  • Linear Analysis
    • Controllability Observability
      • abinvAB 不変部分空間
      • cainvabinvの双対
      • cont_mat可制御行列
      • contr可制御性, 可制御部分空間, 階段化
      • contrss可制御部分
      • ctr_gram可制御グラミアン
      • dt_ility可検出性テスト
      • obs_gram可観測性グラミアン
      • obscontオブザーバベース コントローラ
      • observerオブザーバの設計
      • obsv_mat可観測行列
      • obsvss可観測な部分
      • ui_observer未知入力オブザーバ
      • unobs不可観測な部分空間
    • Frequency Domain
      • blackBlack図 (ニコルス線図)
      • bodeボード線図
      • bode_asympボード線図の漸近線
      • calfrq離散的な周波数応答
      • dbphi位相および振幅表現の周波数応答
      • freq周波数応答
      • fresonピーク周波数
      • gainplotゲインプロット
      • hallchartホール図を描画
      • nicholschartニコルス線図
      • nyquistナイキスト線図
      • nyquistfrequencyboundsナイキスト軌跡が指定した矩形に入る周波数および出る周波数を計算する.
      • phasemag位相と振幅の計算
      • phaseplot周波数位相プロット
      • repfreq周波数応答
      • svplot特異値シグマプロット
      • trzeros伝送ゼロおよび通常ランク
    • Sensitivity
    • Stability
      • bstapハンケル近似
      • dtsi連続時間動的システムの安定な非安定分解
      • evansエバンス根軌跡
      • g_marginゲイン余裕およびゲイン交差周波数
      • p_margin位相余裕および位相交差周波数
      • plzr極/ゼロ プロット
      • routh_tラウス表
      • sgrids平面のグリッド線.
      • show_marginsゲイン余裕/位相余裕とそれぞれの交差周波数を表示する
      • st_ility安定性テスト
      • zgridzgrid プロット
    • Time Domain
      • arsimularmaxシミュレーション
      • csim線形システムのシミュレーション (時間応答)
      • damp固有周波数およびダンピング乗数.
      • dsimul離散時間状態空間シミュレーション
      • flts時間応答 (離散時間, 離散化システム)
      • ltitr離散時間応答 (状態空間)
      • narsimularmax シミュレーション ( rtitrを使用)
      • rtitr離散時間応答 (伝達行列)
  • Linear System Factorization
    • colinoutインナアウタ分解
    • copfac連続時間動的システムの右既約分解
    • dcf2重既約分解
    • fspec連続時間動的システムのスペクトル分解
    • fspecg安定な因数分解
    • fstabst線形動的システムのユーラ(Youla)・パラメトリゼーション
    • gtildチルダ処理
    • lcf連続時間動的システムの正規化された既約分解
    • rowinoutインナ-アウタ分解
    • specfactスペクトル分解
    • sysfactシステム分解
  • Linear System Representation
    • abcd状態空間行列
    • armaScilab armaライブラリ
    • arma2par形式から多項式行列を展開
    • arma2ssarmaxデータ構造体を状態空間表現に変換する.
    • armacarmax処理の Scilab 記述
    • cont_frm可制御状態空間への変換
    • des2ss記述子から状態空間へ
    • des2tf記述子から伝達関数への変換
    • frep2tf周波数応答から伝達関数実現を得る
    • lsslistScilab 線形状態空間関数を定義
    • markp2ssマルコフパラメータを状態空間に変換
    • pfss部分分数分解
    • pol2des記述形式の多項式行列
    • sm2desシステム行列を記述子に変換
    • sm2ssシステム行列を状態空間に変換
    • ss2des(多項式) 状態空間をディスクリプタ形式に変換
    • ss2ss状態空間から状態空間への変換, フィードバック, 注入
    • ss2tf状態空間から伝達関数への変換
    • ss2zpSIMO state space system to zero pole gain representation
    • ssprint線形システム用の整形出力
    • syslin線形システムを定義する
    • syssize状態空間システムの大きさ
    • systmatシステム行列
    • tf2des伝達関数をディスクリプタ形式に変換
    • tf2ss伝達関数から状態空間表現への変換
    • tf2zpSIMO transfer function to zero pole gain representation
    • zp2ssZero pole gain to state space
    • zp2tfZero pole gain to transfer function
    • zpkZero pole gain system representation
    • zpk2ssZero pole gain to state space
    • zpk2tfZero pole gain to transfer function
  • Matrix Computation
    • linmeqシルベスタおよびリアプノフ方程式ソルバー
    • mucompmu (構造化特異値) 計算
    • ric_descリカッチ方程式
    • riccリカッチ方程式
    • riccatiリカッチ方程式
    • sylvシルベスタ方程式.
  • Model Transformation
    • arhnkハンケルノルム近似
    • balreal平衡実現
    • bilin一般化双一次変換
    • canon可制御正準形
    • cls2dls双線形変換
    • colregul無限大にある極及びゼロを取り除く
    • dscr線形システムの離散化
    • equil対称行列の対の平衡
    • equil1行列の平衡 (非負定) の組
    • hankelsvハンケル特異値
    • invsyslin逆システム
    • minreal最小平衡実現
    • minss最小実現
    • projsl線形システム射影
    • rowregul無限大にある極およびゼロを削除
    • zeropenゼロペンシル
  • noisegenノイズ生成
  • prbs_a擬似バイナリ乱数列の生成
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:29 CET 2017