Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilabヘルプ >> Scilab

Scilab

  • Scilab keywords
    • percent(%) 特殊文字
    • ans答え
    • backslash(\) 左行列除算.
    • brackets [,;]Concatenation. Recipients of an assignment. Results of a function
    • colon(:) コロン演算子
    • comma(,) 列, 命令, 引数セパレータ
    • comments(// or /*...*/) comments
    • comparison比較, 関係演算子
    • dollar($) 最後の添字
    • dot(.) 記号
    • equal(=) 代入 , 比較, 等号
    • extraction行列およびリストのエントリの展開
    • getscilabkeywordsScilabキーワードを全リストを返す.
    • hat(^) 累乗
    • assignation変数への部分的な代入
    • greater(>) より大きいの比較
    • minus(-) 減算演算子, 符号変更
    • not(~) 論理否定
    • parentheses( ) 左および右括弧
    • plus(+) 加算演算子
    • quote(') 転置演算子, 文字列デリミタ
    • semicolon (;)式の末尾および行セパレータ
    • slash(/) 右除算およびフィードバック
    • star(*) 乗算演算子
    • symbolsscilab 演算子の名前
    • tilde(~) 論理否定
  • Control flow
    • abort評価を中断する.
    • breakループ中断を表すキーワード
    • caseselectで使用されるキーワード
    • continueループの次の反復に制御を移すキーワード
    • doループ用の言語キーワード
    • elseif-then-elseおよびselect-case-then-elseのキーワード
    • elseifif-then-elseのキーワード
    • endend キーワード
    • forループ用の言語キーワード
    • halt実行を停止
    • if then else条件付き実行
    • pause中断モード, キーボード入力を待つ
    • resumeリターンまたは復帰実行およびローカル変数をコピー
    • returnリターンまたは復旧し,ローカルな変数をコピー
    • selectselect キーワード
    • then'if'および'select'のキーワード
    • catchtry-catch 制御命令のcatchブロックを開始
    • whilewhile キーワード
  • Configuration
    • bannerScilabバナーを表示
    • getdebuginfoScilab に関するデバッグ情報を取得
    • getmemory利用可能なシステムメモリおよびシステムメモリの総量を返す
    • getmodulesScilabにインストールされているモジュールの一覧を返す
    • getosオペレーティングシステムの名前とバージョンを返す
    • getscilabmodeScilabモードを取得
    • getshellカレントのコマンドインタプリタを返す.
    • getversionScilabおよびモジュールのバージョン情報を取得
    • oldEmptyBehaviourControls the operation+ and operation- behaviour for Scilab
    • recursionlimitget or set recursion limit
    • sciargsscilab コマンドライン引数
    • verScilabのバージョン情報
    • with_javasciScilabにJava インターフェイスが組み込まれているかどうかを 調べる
    • with_macros_sourceマクロのソースがインストールされているかどうかを確認する
    • with_moduleScilabモジュールがインストールされているかどうかを調べる
    • with_tkScilab にTCL/TKが組み込まれているかどうかを調べる
  • Debugging
    • debugScilab内部のデバッギングレベル
    • whereカレントの命令の呼び出しツリーを得る
    • whereamiカレントの命令コールツリーを表示
  • Error handling
    • errclearエラーのクリア
    • errorエラーメッセージ
    • error_tableエラーメッセージの表
    • lasterror直近に記録されたエラーメッセージを取得
    • warning警告メッセージ
  • Variables
    • Predefined variables
      • %eオイラー数.
      • %epsイプシロン (浮動小数点数相対精度)
      • %f or %Ffalse (偽)用の論理変数.
      • %i虚数単位
      • %inf無限大
      • %nannot-a-number
      • %pi円の円周と直径の比
      • %s多項式を定義する際に使用される変数.
      • %t or %Ttrue (真)を表す論理値変数.
      • %z多項式を定義する際に使用される変数.
      • homeユーザディレクトリを取得する.
      • SCI, WSCIScilabのルートパスの値を有する変数.
      • SCIHOME設定ファイルおよびScilabセッションの履歴ファイルのパスを有する.
      • TMPDIRテンポラリディレクトリのパス
    • clear変数を消去する
    • clearglobalグローバル変数を削除
    • exists変数の存在を確認する
    • globalグローバル変数を定義する
    • isdef変数の存在を確認
    • isglobal変数がグローバルかどうかを確認
    • namesScilab 名前の構文
    • predef変数の保護
    • who変数の一覧
    • who_userユーザ変数の一覧
    • whos長い形式で変数のリストを得る
  • exitカレントのScilab セッションを終了する
  • modeファイル実行のモードを選択
  • perl適当なオペレーティングシステムの実行ファイルにより Perl スクリプトをコール この関数は廃止されます.
  • quitScilabを終了またはpauseレベルを減らす
  • scilex | scilabScilabおよび関連ツールを起動するためのツール
  • startupスタートアップファイル
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:25 CET 2017