Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab > Control flow > for

for

ループ用の言語キーワード

説明

ループ定義に使用されます.その構文は以下のようになります: for variable=expression ,instruction, .. ,instruction,end

for variable=expression do instruction, ,instruction,end

expression が行列または行ベクトルの場合, variable の値は行列の各列の値となります.

具体例として,一定間隔の行ベクトルを作成するために コロン演算子を使用し, 典型的な for ループを作成します : for variable=n1:step:n2, ...,end

expression が リストの場合, variableはこのリストの連続するエントリを 値とします.

Scilabプログラミング言語のコード規約に基づき, 以下が推奨されます:

  • 各命令を新しい行で開始する.

  • 1行に複数の命令を記述しない.

  • 複合命令は,複数行に分割する.

例えば, 以下のようにします:

for i = 1:5
    disp(i);
end

以下は推奨されません.

for i = 1:5 disp(i); end

警告: 条件文(if while for または select/case)の本体を定義するために 使用できる文字の数は,16k に制限されています.

// "traditional" for loops
n=5;
for i = 1:n
    for j = 1:n
        a(i,j) = 1/(i+j-1);
    end;
end
for j = 2:n-1
    a(j,j) = j;
end;
a
for j= 4:-1:1
    disp(j);
end // decreasing loop

//loop on matrix columns
for  e=eye(3,3), e, end
for v=a, write(6,v), end
for j=1:n, v=a(:,j), write(6,v), end

//loop on list entries
for l=list(1,2,'example'); l, end

参照

  • while — while キーワード
  • end — end キーワード
  • do — ループ用の言語キーワード
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Tue Feb 14 15:10:24 CET 2017