Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilabヘルプ >> Elementary Functions

Elementary Functions

  • bitwise
    • bitandビット単位の論理積(AND)
    • bitcmpビット毎の補数
    • bitget指定した位置のビットを取得
    • bitorビット単位の論理和(OR)
    • bitset指定した位置のビットを設定
    • bitxorビット単位の排他的論理和(XOR)
    • isequalbitwiseビット単位の変数比較
  • Complex
    • complex複素数を計算する.
    • conj共役
    • imag虚部
    • imult虚数単位 i を乗じる
    • isreal変数が実数または複素数のエントリかどうかを調べるc
    • real実部
  • Discrete mathematics
    • factor素因数分解関数
    • factorial階乗関数
    • gcd最大公約数を計算
    • lcm最小公倍数
    • permsベクトル要素の全順列
    • primes素数関数
    • rat浮動小数点数の有理数近似
  • elementarymatrices
    • diag対角行列の構築または展開
    • eye単位行列
    • ind2sub線形添字を添字付き行列に変換
    • linspace線形に配置されたベクトル
    • logspace対数的間隔のベクトル
    • meshgrid行列または3次元配列を作成
    • ndgrid多次元関数評価用グリッドの配列
    • ones要素が1の行列
    • rand乱数生成
    • squarewave周期 2*%piの矩形波を生成
    • sub2ind行列添字を線形添字に変換
    • testmatrixヒルバート,フランクのような特殊行列を作成
    • toeplitztoeplitz行列
    • zerosゼロからなる行列
  • Exponential
    • exp要素毎の指数関数
    • expm正方行列の指数関数
    • log自然対数
    • log10対数
    • log1p引数に1を足した数の自然対数を正確に計算する
    • log22を底とする対数
    • logm正方行列の対数
    • polar極座標形式
    • sqrt平方根
    • sqrtm行列の平方根
  • Floating point
    • ceil切り上げ
    • clean行列を消去 (小さなエントリをゼロに丸める)
    • double整数から倍精度表現に変換
    • fix0方向への丸め
    • floor下方向への丸め
    • format数値の印字および表示形式
    • frexp浮動小数点数を2を基底とする指数部と仮数部に分解する
    • ieee浮動小数点例外モードを設定
    • intゼロ方向への丸め
    • isinf無限大のエントリかどうかを調べる
    • isnan"Not a Number" エントリを調べる
    • nearfloat前のまたは次の浮動小数点数を取得
    • nextpow2指定値を超える2の累乗の最小値
    • number_properties浮動小数点数パラメータを定義する
    • round最も近い整数に丸める
  • Integer representation
    • base2decbを基底とする表現から整数への変換
    • bin2dec2進表現を整数に変換
    • dec2base10進数を基底Nの数値(文字列)に変換
    • dec2bin10進数から2進数への変換
    • dec2hex10進数から16進数への変換
    • dec2oct10進数から8進数への変換
    • hex2dec16進数から10進数への変換
    • oct2dec8進数を10進数に変換
  • matrixmanipulation
    • flipdim指定した次元に沿って x ブロック要素を反転
    • matrixベクトルまたは行列を異なる大きさの行列に成形する
    • permute配列の次元の順序を変更
    • pertrans第2対角項を基準として転置
    • repmat配列を複製/タイル状に配置
    • resize_matrix行列またはハイパー行列をトリムまたは拡張(およびキャスト)
    • squeezeハイパー行列のシングルトン次元を削除
  • matrixoperations
    • abs絶対値, 大きさ
    • crossベクトル外積
    • cumprod配列要素の累積積
    • cumsum配列要素の累積和
    • kronクロネッカー積 (.*.)
    • max最大値
    • min最小値
    • norm行列のノルム
    • prod配列要素の積
    • signm行列符号関数
    • sum配列要素の合計
    • tril行列の下三角部
    • triu上三角
  • searchandsort
    • dsearch指定の分類で行列またはハイパー行列の要素を分配, 配置および数える
    • find論理値ベクトルまたは行列のtrue要素の添え字を見つける
    • gsortクイックソートアルゴリズムによるソート
    • lex_sort行列の行の辞書式ソート
    • vectorfindベクトルに一致する行列の行または列を見つける
  • setoperations
    • intersect2つのベクトルで共通の値のベクトルを返す
    • members配列の各要素または他の配列の行または列を数える(及び位置を調べる)
    • setdiffベクトルの要素のうちで別のベクトルに 属していない要素を返す
    • unionベクトルの和集合要素を展開
    • uniqueベクトルまたは行列のユニークなな要素を展開
  • signalprocessing
    • bloc2expブロック図から数式に変換
    • bloc2ssブロック図を状態空間表現に変換
    • pen2eaペンシルからE,A に変換
    • ssrand乱数生成器
    • sysconvシステム変換
    • sysdiagブロック対角システム接続
    • trfmod極/ゼロ表示
  • symbolic
    • addfシンボリックな加算
    • cmb_linシンボリックな線形結合
    • ldivfシンボリックな左除算
    • mulfシンボリックな乗算
    • rdivfシンボリックな右除算
    • solve代数線形システムのソルバ
    • subfシンボリックな減算
    • trianfmlシンボリックな三角化
    • trisolveシンボリックな線形システムソルバ
  • Trigonometry
    • acos要素毎の逆余弦(rad)
    • acosd要素毎の逆余弦, 結果は度.
    • acosh逆双曲線余弦
    • acoshm行列逆双曲線余弦
    • acosm行列毎の逆余弦
    • acot引数の要素毎の逆正接を計算する.
    • acotd引数の要素毎の逆正接(単位:度)を計算する.
    • acoth要素毎の逆双曲線正接.
    • acsc引数の逆余割を要素毎に計算する.
    • acscd引数の逆余割を要素毎に計算し,結果を度単位で返す.
    • acsch引数の逆双曲線余割を要素毎に計算する.
    • asec引数の要素毎の逆割線を計算する.
    • asecd引数の要素毎の逆割線を計算し,結果を度単位で返す.
    • asech引数の要素毎の逆双曲線割線を計算する.
    • asin逆正弦
    • asind逆正弦 (結果の単位: 度)
    • asinh双曲線逆正弦
    • asinhm双曲線逆正弦行列
    • asinm行列用の逆正弦
    • atan2象限および 4象限逆正接
    • atand2象限および 4象限逆正接, 結果の単位は度.
    • atanh双曲線逆正接
    • atanhm行列の双曲線逆正接
    • atanm正方行列の逆正接
    • cos余弦関数
    • cosd要素毎の余弦(引数の単位:度)
    • cosh双曲線余弦
    • coshm行列の双曲線余弦
    • cosm行列余弦関数
    • cotdコタンジェント(余接,引数の単位:度)
    • cotgコタンジェント(余接)
    • coth双曲線コタンジェント(余接)
    • cothm行列双曲線コタンジェント(余接)
    • csc引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する.
    • cscd度単位で指定した引数のコセカント(余割)を要素毎に計算する
    • csch引数の双曲線コセカントを要素毎に計算する.
    • csgn複素数の実部のベクトル符号を返す
    • sec引数の割線を要素毎に計算する.
    • secd要素毎の割線(引数の単位:度)
    • sech引数の双曲線割線を要素毎に計算する
    • sin正弦関数
    • sincsinc関数
    • sind要素毎の正弦(引数の単位:度).
    • sinh双曲線正弦
    • sinhm行列双曲線正弦
    • sinm行列正弦関数
    • tan正接
    • tand正接 (単位: 度)
    • tanh双曲線正接
    • tanhm双曲線正接行列
    • tanm行列正接
  • and配列の要素の論理積
  • &論理積演算子
  • cat複数の配列を結合する
  • cell2matセル配列を行列に変換
  • cellstr文字列ベクトル(または文字列行列)を文字列のセルに変換
  • iscolumn変数が列ベクトルであるかを確認
  • isempty変数が空の行列または空のリストかどうかを調べる
  • isequalオブジェクトの比較
  • ismatrix変数が行列かどうかを確認
  • isrow変数が行ベクトルかどうか確認する
  • isscalar変数がスカラーかどうかを確認.
  • issquare変数が正方行列かどうかを確認
  • isvector変数がベクトルかどうかを調べる
  • lstsizelist, tlist, mlist エントリの数
  • pmodulo正のモジュロmユークリッド剰余演算
  • ndims配列の次元の数
  • nthroot実数のn番目の実根
  • num2cell配列をセル配列に変換する
  • or配列の要素の論理和
  • |論理和演算子
  • sign符号関数
  • sizeオブジェクトの大きさ
  • unwrapY(x)輪郭またはZ(x,y)面をアンラップする. Y(x)輪郭を展開する
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Wed Apr 01 10:25:00 CEST 2015