Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > 2d_plot > grayplot_properties

grayplot_properties

grayplotエンティティのプロパティの説明

説明

Grayplotエンティティはグラフィックエンティティ階層の葉です. このエンティティは曲面のカラー2次元プロットと画像を表します (grayplot, Sgrayplot, fgrayplot および Sfgrayplot参照).

parent:

このプロパティは親のハンドルを有します. grayplotエンティティの親は"Axes"型である必要があります.

children:

このプロパティはハンドルのchildrenの ベクトルを有します.しかし,grayplot は現在 childrenを有しません.

visible:

このフィールドはエンティティに関するvisibleプロパティ を有します.この値は "on" または "off"となります. デフォルトでプロットは可視で, このプロパティの値は "on"となります. "off"の場合, プロットは画面に描画されません.

data:

このフィールドは各要素の行及び列添字から構成される "grayplotdata"型のtlistデータ構造体 を定義します: グリッドのx および y 座標はそれぞれ data.x および data.yに含まれます. data.zという名前のオプションフィールドは 点(x(i),y(j))における曲面の値における曲面の値です (スケール付きモード)または2つの連続する x(i) および y(j)の間で定義された曲面の中心値です(直接モード). data_mapping (以下参照) が"scaled"に設定された場合, zデータ全体が色の補間を実行するために使用されます.一方, data_mappingの値が v"direct"の場合, zデータインデックスの最後の行と列は 部分行列 data.z(1:$-1,1:$-1)のインデックスにより カラーマップで直接定義されます.

data_mapping:

デフォルトでこのプロパティの値は"scaled"です: 色のインデックスはz座標の値に比例します. その他の場合,このプロパティの値は"direct"となり, プロットはグレープロット,使用される色のインデックスは データにより指定されます (上記参照).

clip_state:

このフィールドにはグレープロットに関するclip_state プロパティの値が含まれます. この値は以下となります :

  • "off" :グレープロットはクリップされません.

  • "clipgrf" :グレープロットはAxesボックスの外側で クリップされます.

  • "on" :グレープロットはclip_boxで 指定される矩形の外側でクリップされます.

clip_box:

このフィールドはclip_boxぷるパティを定義します. デフォルトでは,clip_state が "off" の場合,この値は 空行列となります. その他の場合,ベクトル [x,y,w,h] (左上の点,幅,高さ) は表示するグレープロットの部分を定義しますが, clip_stateプロパティの値は変更されます.

user_data:

このフィールドはgrayplotデータ構造体にScilab変数を保存し, 復元するために使用できます.

m=5;n=5;
M=round(32*rand(m,n));
grayplot(1:m,1:n,M)

a=get("current_axes");
a.data_bounds=  [-1,-1;7,7]
h=a.children

h.data_mapping="direct";
   
// 行列をカラー二次元プロットする
clf()
a=get("current_axes");
a.data_bounds=  [0,0;4,4];
  
b=5*ones(11,11); b(2:10,2:10)=4; b(5:7,5:7)=2;
Matplot1(b,[1,1,3,3])  ;
  
h=a.children
for i=1:7
  xclick(); // Matplotデータを設定するためにマウスをクリック
  h.data=h.data+4;
end

参照

  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • delete — グラフィックエンティティとその子を削除.
  • grayplot — 曲面の2次元カラープロット
  • Matplot — 行列のカラー二次元プロット
  • Matplot1 — 行列の2次元カラープロット
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明
  • Matplot_properties — Matplotエンティティプロパティの説明

作者

Djalel ABDEMOUCHE & F.Leray

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:58 CET 2011