Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > interaction > xclick

xclick

マウスクリップを待つ.

呼び出し手順

[ibutton,xcoord,yxcoord,iwin,cbmenu]=xclick([flag])

パラメータ

ibutton

実数スカラー (整数値): マウスボタン番号, キーコード... (以下の説明参照).

xcoord

実数スカラー: クリックが発生した時のマウスポインタのカレントの グラフィックスケールにおけるx座標.

ycoord

実数スカラー: クリックが発生した時のマウスポインタのカレントの グラフィックスケールにおけるy座標.

iwin

実数スカラー (整数値): アクションが発生したウインドウの番号.

cbmenu

文字列: xclickがメニューのクリックによるものであると 返した場合にメニューに関連付けられるコールバック. この場合,ibutton, xcoord, ycoord, および iwinは 任意の値をとります.

flag

実数スカラー (整数値): 指定された場合, click イベントキュー は xclick を実行した際にもクリアされません.

説明

xclick はグラフィックウインドウ内へのマウスクリック を待ちます.

左辺の引数を3つ指定してコールされた場合, カレントのグラフィックウインドウ内へのマウスクリックを待ちます.

4または5個の左辺の引数を指定してコールされた場合, 任意のグラフィックウインドウへのマウスクリックを待ちます.

ibuttonの値を以下に説明します.

ibutton==0

左ボタンが押された.

ibutton==1

中ボタンが押された.

ibutton==2

右ボタンが押された.

ibutton==3

左ボタンがクリックされた.

ibutton==4

中ボタンがクリックされた.

ibutton==5

右ボタンがクリックされた.

ibutton==10

左ボタンがダブルクリックされた.

ibutton==11

中ボタンがダブルクリックされた.

ibutton==12

右ボタンがダブルクリックされた.

ibutton >=32

ASCIIコードibuttonのキーが押された.

ibutton <=32

ASCIIコードibuttonのキーが放された.

ibutton >=1000+32

key with ASCII code ibutton-1000 has been pressed while CTRL key pressed.

ibutton==-1000

グラフィックウインドウが閉じられた.

警告: ibutton は, Scilab 4.1.2 まではグラフィックウインドウを 閉じる際の値が -100でしたが, キーdが開放された際に返されるコードでもあったため, このコードは(Scilab 5.0)で変更されました.

ibutton==-2

動的メニューが選択され, コールバックはcbmenuとなります.

作者

J.Ph.C.

V.C.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011