Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > 2d_plot > graypolarplot

graypolarplot

曲面の極座標2次元カラープロット

呼び出し手順

graypolarplot(theta,rho,z,[strf,rect])

パラメータ

theta

大きさ n1のベクトル, 角度増分(単位:rad).

rho

大きさ n2のベクトル, 半径増分

z

大きさ (n1,n2)の実数行列. z(i,j) は 点 (theta(i),rho(j))における曲面の値です.

strf

長さ 3 "xy0"の文字列です.

default

デフォルトは "030"です.

x

キャプションの表示を制御します.

x=0

キャプションなし.

x=1

キャプションが表示されます. これらはオプションの引数legにより 指定されます.

y

枠の計算を制御します.

y=0

(他の高レベルプロット関数を前にコールした際に設定された) カレントの境界が使用されます. 複数のプロットを重ね描きする際に有用です.

y=1

プロットの境界を指定するために オプションの引数 rect が使用されます.

y=2

x およびyの最小値および最大値を用いて プロットの境界が計算されます.

y=3

y=1と同様ですが,等軸目盛となります.

y=4

y=2と同様ですが,等軸目盛となります.

y=5

y=1と同様ですが,plot2dは 見栄えの良いグラデーションを作成するためにプロットの境界と軸の目盛を 変更できます. ズームボタンをアクティブにした場合,このモードが使用されます.

y=6

y=2と同様ですが,plot2dは 見栄えの良いグラデーションを作成するためにプロットの境界と軸の目盛を 変更できます. ズームボタンをアクティブにした場合,このモードが使用されます.

y=7

y=5と同様ですが,新規プロットのスケールが カレントのスケールに統合されます.

y=8

y=6と同様ですが,新規プロットのスケールが カレントのスケールに統合されます.

leg

文字列. 引数strfの最初の文字 x が 1の場合に使用されます. leg"leg1@leg2@...."という形式で, leg1, leg2,... はそれぞれ 最初の曲線のキャプション,2番目の曲線のキャプション,... です. デフォルトは ""です.

rect

この引数は引数strfの2番目の文字 y が 1, 3 または 5の場合に 使用されます. これは大きさ4の行ベクトルで,フレームの次元を指定します: rect=[xmin,ymin,xmax,ymax].

説明

rho および thetaで定義される 極座標グリッドにおいてzで指定される曲面の二次元プロットを 行ないます. 各グリッド領域は,白黒またはカラーの濃淡で塗りつぶされる場合, グリッドの隅のzの平均値に依存します.

rho=1:0.1:4;theta=(0:0.02:1)*2*%pi;
z=30+round(theta'*(1+rho^2));
f=gcf();
f.color_map= hotcolormap(128);
clf();graypolarplot(theta,rho,z)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:58 CET 2011