Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > figure_operations > gcf

gcf

カレントグラフィックウインドウのハンドルを返す.

呼び出し手順

h = gcf()

Parameters

h

ハンドル.

説明

このルーチンはカレントのウインドウのハンドルを返します.

f=gcf(); // 図を作成
f.figure_size= [610,469]/2;
f.figure_name= "Foo";

f=figure(); // 図を作成
h=uicontrol(f,"style","listbox","position", [10 10 150 160]); // listboxを作成
set(h, "string", "item 1|item 2|item3");// リストに代入
set(h, "value", [1 3]); // リストの item1 と item3 を選択
gcf()

scf(0); // グラフィックウインドウ 0 をカレントの図に指定
gcf()  // カレントのウインドウのグラフィックハンドルを返す

figure(f) // ウインドウ f を作成, カレントの図に指定
gcf() // カレントのウインドウのグラフィックハンドルを返す

作者

Serge Steer, INRIA

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011