Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > figure_operations > drawlater

drawlater

軸の子を不可視にする.

呼び出し手順

drawlater()

説明

この関数は, プロットを行う関数のような高レベル関数をコールすることにより, または既存のオブジェクトにプロパティを設定することにより, 次に作成されるグラフィックオブジェクト, カレントの図にただちに 表示しない場合に使用されます.カレントの図の immediate_drawingプロパティは 次の描画を延期するために'off'に設定されます.

この関数は特にdrawnow関数と組み合わせて使用されます.

カレントの図のimmediate_drawingを有効に戻すには, drawnow関数を使用します.

警告 : drawlater と drawnow コールの間に, カレントの図が 変更される可能性があります. このため, 使用に際しては注意を要します.

//例1 :  軸を1つ / 図を1つ
drawlater(); 
xfarc(.25,.55,.1,.15,0,64*360);
xfarc(.55,.55,.1,.15,0,64*360);
xfrect(.3,.8,.3,.2); 
xfrect(.2,.7,.5,.2);  
xfrect(.32,.78,.1,.1);
xfrect(.44,.78,.14,.1);
xfrect(-.2,.4,1.5,.8);
xstring(0.33,.9,"A Scilab Car");    
a=get("current_axes");
a.children(1).font_size=4;
a.children(1).font_style=4;  
a.children(1).background=5;
a.children(3).background=8;
a.children(4).background=8; 
a.children(5).background=17;
a.children(6).background=17; 
a.children(7).background=25;
a.children(8).background=25;
xclick();drawnow();
 
//例 2: 軸を2つ / 図を1つ

subplot(212)
a=gca();
drawlater //この軸に描画されるものは後で表示されます
plot2d // これらの軸と子に後で描画します...

subplot(211) //警告: 軸を変更します
plot2d1 // デフォルトの描画モード

draw(a) // ...指定した軸のみが可視で,ウインドウは再描画されません
drawnow() // 全て可視

参照

  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • drawnow — 隠されたグラフィックエンティティを描画.
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明

作者

Djalel ABDEMOUCHE, F.Leray

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011