Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > 2d_plot > paramfplot2d

paramfplot2d

関数で定義された曲線の2次元アニメーションプロット

呼び出し手順

paramfplot2d(f,x,theta)
paramfplot2d(f,x,theta,flag)
paramfplot2d(f,x,theta,flagrect)

パラメータ

x

実数ベクトル.

f

関数 y=f(x,t) . f は Scilab関数または(文字列で参照される)動的にリンクされるルーチンです.

theta

実数ベクトル (パラメータの集合).

flag

文字列 'no' または 'yes': "yes" の場合, 2回の連続するプロットの画面の間で画面がクリアされます.

rect

"矩形" [xmin, xmax, ymin, ymax] (1 x 4 実数ベクトル),

説明

関数 x-->f(x,t) のt=theta(1),theta(2),等に関するアニメーションプロット. f は Scilab関数またはy=f(x,t) が y=feval(x(:),t,f)のように評価される 動的にリンクされるルーチンのどちらかとすることができます. fevalを参照ください. f: x,t を f(x,t)にマッピングします. x=R^N次のベクトル,t=実数として, f(x,t) = R^N 個の値を有する関数です. x は x値のベクトルで,thetaの各tについて f(x,t)=y値のN次ベクトルとなります.

deff('y=f(x,t)','y=t*sin(x)')
x=linspace(0,2*%pi,50);theta=0:0.05:1;
paramfplot2d(f,x,theta);

参照

  • plot2d — 2Dプロット
  • feval — 関数(または外部ルーチン)を評価する
  • fplot2d — 関数で定義された曲線の二次元プロット
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:58 CET 2011