Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Signal Processing > filters > frmag

frmag

FIRおよびIIRフィルタの振幅

呼び出し手順

[xm,fr]=frmag(sys,npts)
[xm,fr]=frmag(num,den,npts)

パラメータ

sys

1入力,1出力離散伝達関数,または多項式または 多項式係数のベクトル,フィルタ.

num

多項式または多項式係数のベクトル, フィルタの分子.

den

多項式または多項式係数のベクトル, フィルタの分母(デフォルト値は1).

npts

整数, 周波数応答の点数.

xm

frにおける周波数応答の振幅のベクトル.

fr

振幅を評価する正規化周波数範囲における点.

説明

FIRおよびIIRフィルタの周波数応答の振幅を計算します. フィルタは1または2個の係数のベクトル, 1また2つの多項式,または離散伝達関数の出力 で記述することができます.

周波数刻みは fr=linspace(0,1/2,npts)で指定されます.

hz=iir(3,'bp','cheb1',[.15 .25],[.08 .03]);
[hzm,fr]=frmag(hz,256);
plot(fr,hzm)
hz=iir(3,'bp','ellip',[.15 .25],[.08 .03]);
[hzm,fr]=frmag(hz,256);
plot(fr,hzm,'r')

参照

  • iir — iir デジタルフィルタ
  • eqfir — FIRフィルタのミニマックス近似
  • repfreq — 周波数応答
  • calfrq — 離散的な周波数応答
  • phasemag — 位相と振幅の計算
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012