Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Signal Processing > filters > analpf

analpf

アナログローパスフィルタを作成する

呼び出し手順

[hs,pols,zers,gain]=analpf(n,fdesign,rp,omega)

パラメータ

n

正の整数 : フィルタ次数

fdesign

文字列 : フィルタ設計法 : 'butt' または 'cheb1' または 'cheb2' または 'ellip'

rp

cheb1, cheb2 または ellipフィルタ用のエラー値の2要素ベクトルで, cheb1ではrp(1) のみ, cheb2ではrp(2) のみ, ellipではrp(1)rp(2)の 両方が使用されます. 0<rp(1),rp(2)<1です.

-

cheb1フィルタの場合, 通過域では, 1-rp(1)<リップル<1です

-

cheb2フィルタの場合,阻止域では 0<リップル<rp(2) です

-

ellipフィルタの場合, 通過域では1-rp(1)<リップル<1 , 阻止域では 0<リップル<rp(2)です

omega

ローパスフィルタのカットオフ周波数(単位:Hz)

hs

有理数多項式伝達関数

pols

伝達関数の極

zers

伝達関数のゼロ

gain

伝達関数のゲイン

説明

omegaをカットオフ周波数とするアナログローパスフィルタを作成します.

hs=gain*poly(zers,'s')/poly(pols,'s')

//連続時間系の振幅応答を評価
hs=analpf(4,'cheb1',[.1 0],5)
fr=0:.1:15;
hf=freq(hs(2),hs(3),%i*fr);
hm=abs(hf);
plot(fr,hm)
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:28 CEST 2012