Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes

Change language to:
English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.1.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab

Scilab

  • Scilab keywords
    • ans答え
    • backslash(\) 左行列除算.
    • brackets([,]) 左および右括弧
    • colon(:) コロン演算子
    • comma(,) 列, 命令, 引数セパレータ
    • commentsコメント
    • comparison比較, 関係演算子
    • dollar($) 最後の添字
    • dot(.) 記号
    • elseif-then-elseおよびselect-case-then-elseのキーワード
    • elseifif-then-elseのキーワード
    • empty([]) 空行列
    • endend キーワード
    • equal(=) 代入 , 比較, 等号
    • extraction行列およびリストのエントリの展開
    • globalグローバル変数を定義する
    • hat(^) 累乗
    • assignation変数への部分的な代入
    • left([) 左括弧
    • greater(>) より大きいの比較
    • minus(-) 減算演算子, 符号変更
    • not(~) 論理否定
    • parentheses( ) 左および右括弧
    • percent(%) 特殊文字
    • plus(+) 加算演算子
    • power指数演算子 (^,.^)
    • quote(') 転置演算子, 文字列デリミタ
    • semicolon (;)式の末尾および行セパレータ
    • slash(/) 右除算およびフィードバック
    • star(*) 乗算演算子
    • symbolsscilab 演算子の名前
    • tilde(~) 論理否定
    • catchtry-catch 制御命令のcatchブロックを開始
  • Control flow
    • abort評価を中断する.
    • breakループ中断を表すキーワード
    • caseselectで使用されるキーワード
    • continueループの次の反復に制御を移すキーワード
    • doループ用の言語キーワード
    • forループ用の言語キーワード
    • if then else条件付き実行
    • pause中断モード, キーボード入力を待つ
    • resumeリターンまたは復帰実行およびローカル変数をコピー
    • returnリターンまたは復旧し,ローカルな変数をコピー
    • selectselect キーワード
    • then'if'および'select'のキーワード
    • whilewhile キーワード
  • Configuration
    • bannerScilabバナーを表示
    • getdebuginfoScilab に関するデバッグ情報を取得
    • getmemory利用可能なシステムメモリおよびシステムメモリの総量を返す
    • getmodulesScilabにインストールされているモジュールの一覧を返す
    • getosオペレーティングシステムの名前とバージョンを返す
    • getscilabmodeScilabモードを取得
    • getshellカレントのコマンドインタプリタを返す.
    • getversionScilabおよびモジュールのバージョン情報を取得
    • gstacksizeグローバルスタックの大きさを設定/取得
    • stacksizescilab スタックの大きさを設定
    • verScilabのバージョン情報
    • with_javasciScilabにJava インターフェイスが組み込まれているかどうかを 調べる
    • with_macros_sourceマクロのソースがインストールされているかどうかを確認する
    • with_moduleScilabモジュールがインストールされているかどうかを調べる
    • with_tkScilab にTCL/TKが組み込まれているかどうかを調べる
  • Debugging
    • debugScilab内部のデバッギングレベル
    • delbptブレークポイントを削除する
    • dispbptブレークポイントを表示
    • setbptブレークポイントを設定する
    • whereカレントの命令の呼び出しツリーを得る
    • whereamiカレントの命令コールツリーを表示
  • Error handling
    • errcatchエラーの捕捉
    • errclearエラーのクリア
    • errorエラーメッセージ
    • error_tableエラーメッセージの表
    • iserrorエラー発生の確認
    • lasterror直近に記録されたエラーメッセージを取得
    • warning警告メッセージ
  • Variables
    • Predefined variables
      • SCIScilabのルートパスの値を有する変数.
      • SCIHOME設定ファイルおよびScilabセッションの履歴ファイルのパスを有する.
      • TMPDIRテンポラリディレクトリのパス
      • homeユーザディレクトリを取得する.
      • %eオイラー数.
      • %epsイプシロン (浮動小数点数相対精度)
      • %f or %Ffalse (偽)用の論理変数.
      • %i虚数単位
      • %inf無限大
      • %nannot-a-number
      • %pi円の円周と直径の比
      • %s多項式を定義する際に使用される変数.
      • %t or %Ttrue (真)を表す論理値変数.
      • %z多項式を定義する際に使用される変数.
    • clear変数を消去する
    • clearglobalグローバル変数を削除
    • exists変数の存在を確認する
    • getvariablesonstackScilabスタック上の変数名を取得
    • isdef変数の存在を確認
    • isglobal変数がグローバルかどうかを確認
    • namesScilab 名前の構文
    • predef変数の保護
    • who変数の一覧
    • who_userユーザ変数の一覧
    • whos長い形式で変数のリストを得る
  • exitカレントのScilab セッションを終了する
  • perl適当なオペレーティングシステムの実行ファイルにより Perl スクリプトをコール この関数は廃止されます.
  • quitScilabを終了またはpauseレベルを減らす
  • scilabScilabおよび関連ツールを起動するためのツール (GNU/Linux, Unix および Mac OS X)
  • startupスタートアップファイル
Report an issue
Scilabヘルプ Differential Equations, Integration >>

Copyright (c) 2022-2023 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:19 CEST 2014