Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab > Scilab keywords > comparison

comparison

比較, 関係演算子

呼出し手順

a==b

a~=b or a<>b

a<b

a<=b

a>b

a>=b

引数

a

等値比較a==b, a~=b a<>bの場合は任意の変数の型とすることができ, 順序が関連する比較a<b, a<=b, a>b,a>=b に関しては,浮動小数点の実数および整数の配列に制限されます.

b

等値比較 a==b, a~=b a< > b の場合は任意の変数の型とすることができ, 順序が関連する比較 a<b, a<=b, a>b,a>=b に関しては,浮動小数点の実数および整数の配列に制限されます.

説明

2つの暮らすの演算士は区別する必要があります:

等値および不等式比較:

a==b, a~=b (または等価な a<>b). これらの演算子は任意のオペランドの型に適用できます.

順序が関連する比較:

a<b, a<=b, a>b,a>=b. これらの演算子は 浮動小数点の実数および整数の配列にのみ適用されます.

比較演算子のセマンティクスもオペランドの型に依存します:

配列変数の場合

浮動小数点の実数および整数配列, 論理値配列, 文字列配列,多項式または有理配列,ハンドル配列,リスト... のような配列変数の場合,以下の規則が適用されます:

  • aおよび b を 同じ型,同じ次元の配列として評価する場合, 要素毎の比較が行われ, 結果は同じ次元の論理値の配列となります.

  • If a および b が 型は同じだが aまたはbが1行1列の配列の場合, このスカラーが別の配列の各要素と比較されます. この結果はスカラーでないオペランドの大きさの論理値の配列となります.

  • その他の場合, 結果は論理値 %f となります.

  • オペランドのデータ型が異なるが浮動小数点と整数のように 互換性がある場合,比較の前に型変換が行われます.

その他の型のオペランドの場合

functionlibrariesのようなその他のオペランドの場合, 結果はオブジェクトが同じ場合に%t, それ以外の場合に %f となります.

互換性がないデータ型の間の等値比較は %fを返します.

//用途毎の比較
(1:5)==3
(1:5)<=4 
(1:5)<=[1 4 2 3 0]
1<[]
list(1,2,3)~=list(1,3,3)
"foo"=="bar"
sparse([1,2;4,5;3,10],[1,2,3]) == sparse([1,2;4,5;3,10],[1,2,3])

//オブジェクト毎の比較
(1:10)==[4,3]
'foo'==3
1==[]
list(1,2,3)==1

isequal(list(1,2,3),1)
isequal(1:10,1)

//型変換を伴う比較
int32(1)==1
int32(1)<1.5
int32(1:5)<int8(3)
p=poly(0,'s','c')
p==0
p/poly(1,'s','c')==0

参照

  • less — (<) より小さいの比較
  • greater
  • boolean — Scilab オブジェクト, 論理値(boolean)変数および演算子 & | ~
  • isequal — オブジェクトの比較
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:18 CEST 2014