Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab > Scilab keywords > colon

colon

(:) コロン演算子

説明

コロン記号 : は暗黙的にベクトルを作成する 際に使用することができます. (linspace, logspaceも参照ください)

j:k

ベクトル [j, j+1,...,k] ( j>kの場合は空ベクトル).

j:d:k

ベクトル [j, j+d, ..., j+m*d]

コロン表記は,ベクトルおよび行列の指定した行,列および要素を抽出する際にも 使用することができます(extraction, insertionも参照ください).

A(:)

は,Aの全要素を一つの列としてベクトル.

A(:,j)

は,Aj番目の列;

A(i,:)

は,Ai番目の行;

A(j:k)

は,[A(j),A(j+1),...,A(k)];

A(:,j:k)

は,

[A(1,j)  A(1,j+1)  ... A(1,k)
A(2,j)  A(2,j+1)  ... A(2,k)
. . . . . . . . . . .
A(M,j)  A(M,j+1)  ... A(M,k)]
ただし,A の大きさが MN列の場合;

A(j:k,:)

は,

[A(j,1)    A(j,2)   ... A(j,N)
A(j+1,1)  A(j+1,2) ... A(j+1,N)
. . . . . . . . . . .
A(k,1)    A(k,2)   ... A(k,N)]
ただし,Aの大きさが MN列の場合;

A(:)=w

行列 Awのエントリを代入します (w が行列の場合,列毎に取り出されます). Aのエントリの数は, wのエントリの数を等しい必要があります.

i, j, kまたはdに小数点以下が ある場合でも,整数部のみが使用されることに注意してください.

a = 1:5
b = 1:3:12
A = matrix(1:42,7,6);
// Aの全要素のベクトル
A(:)

// Aのj列目
A(:,j)

// Aのi行目
A(i,:)

// jからk列の全ての行の要素
A(:,j:k)

// jからk行の全ての列の要素
A(j:k,:)

w = matrix(101:142,7,6);
A(:) = w

// 添字が整数ではない場合
i = 1:0.4:10; //添字
A(i)

参照

  • matrix — ベクトルまたは行列を異なる大きさの行列に成形する
  • for — ループ用の言語キーワード
  • linspace — 線形に配置されたベクトル
  • logspace — 対数的間隔のベクトル
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:18 CEST 2014