Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> Scilab > Scilab keywords > brackets

brackets

([,]) 左および右括弧

呼び出し手順

[a11,a12,...;a21,a22,...;...]

[s1,s2,...]=func(...)

引数

a11,a12,...

適当な次元の行列 (実数, 多項式, 有理,syslin リスト...)

s1,s2,...

任意の変数名

説明

左および右括弧はベクトルおよび行列を結合する する際に使用されます. これらの記号は関数コールにおいて複数の左辺値を定義する際に 使用されます.

括弧の組の内部では,空白またはカンマ文字は "列結合"を意味し,セミコロンおよびキャレッジリターンは "行結合"を意味します.

注意 : 混乱を避けるため,列を区切るために空白ではなくカンマを使用する 方がより安全です.

複数の lhs 括弧の中の変数名はカンマで区切る必要があります.

[6.9,9.64; sqrt(-1) 0]
[1 +%i  2 -%i  3]
[]
['this is';'a string';'vector']
s=poly(0,'s');[1/s,2/s]
[tf2ss(1/s),tf2ss(2/s)]

[u,s]=schur(rand(3,3))

参照

  • comma — (,) 列, 命令, 引数セパレータ
  • semicolon — 式の末尾および行セパレータ
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:18 CEST 2014