Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> GUI > x_choose

x_choose

対話的な選択ウインドウ (モーダルダイアログ)

呼び出し手順

[num]=x_choose(items,title [,button])

引数

items

文字列の列ベクトル, 選択する項目

title

文字列の列ベクトル, ダイアログのコメント

button

文字列, ボタンに表示する文字列. デフォルト値は'Cancel'です

num

整数, 選択した項目番号または0 (ダイアログで"Cancel"ボタンが選択された場合)

説明

選択した項目の数をnumに返します.

警告: このダイアログはScilab 5.0より以前はモーダルでは ありませんでしたが, 下位互換性を維持するためには x_choose_modelessを使用してください.

n = x_choose(['item1';'item2';'item3'],['that is a comment';'for the dialog'])
n = x_choose(['item1';'item2';'item3'],['that is a comment'],'Return')

参照

  • x_choose_modeless — 対話的な選択ウインドウ(モーダルダイアログでない)
  • x_choices — トグルボタンにより選択を行う対話的Xwindow
  • x_mdialog — 対話的なベクトル/行列入力用のダイアログ.
  • getvalue — データ取得用のxwindowダイアログ
  • unix_g — シェル (sh)コマンドを実行, 出力を変数にリダイレクト
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012