Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> GUI > getvalue

getvalue

データ取得用のxwindowダイアログ

呼び出し手順

[ok,x1,..,x14]=getvalue(desc,labels,typ,ini)

引数

desc

文字列の列ベクトル, ダイアログ用のコメント

labels

文字列の列ベクトル, labels(i) は 取得する値のi番目のラベル

typ

list(typ_1,dim_1,..,typ_n,dim_n)

typ_i

i番目の値の型を定義します. 以下の値のどれかとなります:

"mat"

:定数行列の場合

"col"

:定数列ベクトルの場合

"row"

:定数行ベクトルの場合

"vec"

:定数ベクトルの場合

"intvec"

:整数値を有する定数ベクトル, すなわち int(x) == x の場合

"str"

:文字列の場合

"lis"

:リストの場合

dim_i

i番目の値の大きさを定義します. 整数または整数ベクトル(要素数2)とする 必要があります.-1 は次元を定義しないことを意味します.

ini

文字列のn列ベクトル, ini(i)はi番目の必要な値に関する デフォルトの応答を指定します.

ok

論理値 ,okボタンが押された場合は %t, キャンセルボタンが押された場合は %f

xi

ok=%t の場合,i番目の値を有します. 左辺に必要な数よりも1つ多いxiが 指定された場合,最後のxiには 答の文字列ベクトルが代入されます.

説明

この関数は,エラーチェック, 数値応答の評価,などを指定して x_mdialogをカプセル化したものです.

注意

有効な式を答として使用できます; 行列およびベクトルの場合, getvaluesは数値評価の前に指定した答に 自動的に [ ]を追加します.

labels=["magnitude";"frequency";"phase    "];
[ok,mag,freq,ph]=getvalue("define sine signal",labels,...
     list("vec",1,"vec",1,"vec",1),["0.85";"10^2";"%pi/3"])

参照

  • x_mdialog — 対話的なベクトル/行列入力用のダイアログ.
  • x_matrix — 行列を編集する Xwindow
  • x_dialog — 対話的な複数行入力用ダイアログ.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012