Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> GUI > findobj

findobj

指定したプロパティを有するオブジェクトを探す

呼び出し手順

h =  findobj(propertyName, propertyValue)

引数

propertyName

文字列,探すプロパティ名 (大文字小文字を区別しない).

propertyValue

探すプロパティが一致する値を指定する文字列 (大文字小文字を区別する).

h

見つかったオブジェクトのハンドル.

説明

このルーチンは,現在, 'tag'プロパティが既知のオブジェクトを探す際に使用されています. このルーチンは, propertyNamepropertyValueに等しい 最初に見つかったオブジェクトのハンドルを返します. そのようなオブジェクトが存在しない場合, この関数は空の行列を返します.

// 図を作成
h=figure();
// 図にテキストを表示
uicontrol(h, "style","text", ...
             "string","This is a figure", ...
             "position",[50 70 100 100], ...
             "fontsize",15, ...
             "tag","Alabel");
// "tag" の値が"Alabel"であるオブジェクトを探す
lab=findobj("tag","Alabel");
disp("The text of the label is """+lab.string+"""");
// 図を閉じる
close();

参照

  • uicontrol — グラフィックユーザーインターフェイスオブジェクトを作成
  • uimenu — 図にメニューまたはサブメニューを作成する
  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012