Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> GUI > getcallbackobject

getcallbackobject

コールバックを実行中のオブジェクトのハンドルを返す.

呼び出し手順

h = getcallbackobject(objectUID)

引数

h

ハンドル: コールバックを実行中のオブジェクトのハンドル.

objectUID

文字列: JavaオブジェクトのUID.

説明

getcallbackobject は コールバック実行中に gcboという名前のScilab変数を 自動的に作成するために使用されます.

getcallbackobject は, 現在実行されているコールバックがない場合に [] を返します.

getcallbackobject は Javaコールバック以外では直接使用するべきではありません.

参照

  • gcbo — コールバックを実行中のオブジェクトのハンドル
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012