Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > 2d_plot > plot2d2

plot2d2

2次元プロット (階段状関数)

呼び出し手順

plot2d2([x],y)
plot2d2([x],y,<opt_args>)
plot2d2([logflag],x,y,[style,strf,leg,rect,nax])

パラメータ

args

パラメータの説明についてはplot2d参照.

説明

plot2d2plot2dと同じですが, (x,y)により指定される関数が区分定数であると仮定されます.

デフォルトで, 連続するプロットは重ね描きされます.前のプロットを消去するには clf()を使用してください.

コマンド plot2d2() を入力するとデモを参照できます. plot2dxx (xx = 1 から 4)により提供されるモードは全て plot2dを用いて, polyline_styleオプションを対応する数字に設定することにより, 有効にすることができます.

// 区間[i,i+1]において値がiとなる階段状関数をプロット 
// 最後の区間は描画されません
plot2d2([1:4],[1:4],1,"111","step function",[0,0,5,5])
// 以下のplot2dによる場合と比較
x=[0:0.1:2*%pi]';
clf()
plot2d2(x,[sin(x) sin(2*x) sin(3*x)])
clf();
plot2d(x,[sin(x) sin(2*x) sin(3*x)])
e=gce();
e.children(1).polyline_style=2;
e.children(2).polyline_style=2;
e.children(3).polyline_style=2;

参照

  • plot2d — 2Dプロット
  • plot2d3 — 2次元プロット (垂直棒グラフ)
  • plot2d4 — 2次元プロット (矢印形式)
  • subplot — グラフィックウインドウをサブウインドウの行列に分割する
  • clf — カレントの図をクリアし,デフォルト値にリセットする
  • polyline_properties — Polylineエンティティプロパティの説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012