Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > 2d_plot > comet

comet

2次元 comet アニメーションプロット.

呼び出し手順

comet(y)
comet(x,y)
comet(x,fun)
comet(x,y,p)
comet(x,fun,p)
comet(...,"colors",c)

パラメータ

x

実数ベクトルまたは行列. 省略された場合, ベクトル 1:ny が指定されたと仮定されます. ただし,ny は曲線の点の数(下記参照)です.

y

長さの実数ベクトルまたは行列.

p

範囲 [0 1[ の実数スカラー. デフォルト値は 0.1です.

fun

呼び出し手順 y=fun(x) のScilab関数. fun は多項式または有理数とすることもできます.

c

ny 色添字のベクトル.

説明

(x,y) が同じ要素数のベクトルの場合, この関数は, k1 から size(x,'*')まで変えて 曲線(x(1:k),y(1:k))の漸進を示す 2次元アニメーションプロットを描画します.

このプロットは以下の3つの部分から構成されます:

ヘッド カレントの位置(x(i),y(i))を示すマーカ.

ボディ ヘッドにつらなる曲線を表示します:曲線の一部 (x(i-k:i),y(i-k:i)).

テール 曲線の(x(1:i-k),y(1:i-k))の部分を表示.

comet(x,fun,...) は, comet(x,feval(x,fun),...) と等価です.

comet(...,p) はボディの相対的な長さを設定する 際に使用することができます. kk = round(p*ny)のように定義できます.

y が行列の場合, 曲線のアニメーション表示は, (x,y(:,l))の各組について描画されます. この場合, nyyの 行の数です.

x および y は 同じ大きさの行列の場合, 各組  (x(:,l),y(:,l)) 毎に. アニメーション表示された曲線が描画されます. この場合, nyxおよび yの 行の数です.

comet(...,"colors",c) は 各曲線の色を設定する際に私用できます.

t = linspace(0,10*%pi,500);
clf();set(gca(),"isoview","on"); // 等軸に設定
comet(t.*sin(t),t.*cos(t))
t = linspace(0,10*%pi,500)';
clf();comet(t.*sin(t),[t.*sin(2*t) t.*sin(3*t)])
function y=traj(x),y=1.5*sin(x^2),endfunction
clf();comet(linspace(0,5,500),traj)
clf();comet(linspace(-2,4,500),(%s-3)/(%s^3+2*%s^2+1))

履歴

VersionDescription
5.3.2 関数 comet が導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:33 CEST 2012