Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > typename

typename

変数の型に名前を付ける

呼出し手順

[types [ [,names]]=typename()
typename(name,type)

パラメータ

types

整数列ベクトル: 各定義済みのデータ型の型コード.

names

文字列の列ベクトル: 型コードを指す名前.

type

整数: 新しいデータ型の型コード.

name

文字列: 型コードを指す名前

説明

関数および演算子のオーバーロードにおいて, データ型に関連付けられた汎用名を オーバーロード関数の名前を作成する際に指定できる できるようになります(オーバーローディング参照). typename は, ハードコードされたデータ型に関して この汎用名を処理する際に使用できます (tlist または mlistにコード化されたデータ型の 場合,汎用名は他の方法で定義されます, overloadingを参照ください).

右辺の引数を指定せずにコールされた場合, typename は 定義済みのデータ型に関する情報を返します.

右辺の引数を指定してコールされると, typename は名前を データ型コードに関連付けます.

typename('',type) は, コード type で指定されるデータ型を データ型のテーブルから削除します.

定義済みの型の最大数は 50です.

参照

  • type — 変数の型を返す
  • typeof — オブジェクトの型
  • overloading — 表示,関数および演算子オーバーロード機能
  • tlist — Scilab オブジェクトおよび型付のリスト定義.
  • mlist — Scilab オブジェクト, 型付リスト定義に向いた行列.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:48 CET 2011