Scilab Website | Contribute with GitLab | Mailing list archives | ATOMS toolboxes
Scilab Online Help
5.3.1 - 日本語

Change language to:
English - Français - Português

Please note that the recommended version of Scilab is 2024.1.0. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > where

where

カレントの命令呼び出しツリーを得る

呼出し手順

[linenum,mac]=where()

パラメータ

linenum

整数の列ベクトル

mac

文字列の列ベクトル

説明

linenum および mac を返します. この際,関数 mac(1) の linenum(1) 行目でカレントの命令がコールされ, 関数 mac(2) の linenum(2) 行目で mac(1) がコールされ,..., を意味します.

mac(i) は一般には関数名ですが, 命令が exec ファイルまたは execstr 命令の中にある場合には, "exec" または "execstr" となる可能性もあります.

参照

  • whereami — カレントの命令コールツリーを表示
  • pause — 中断モード, キーボード入力を待つ
<< what Scilab whereami >>

Copyright (c) 2022-2024 (Dassault Systèmes)
Copyright (c) 2017-2022 (ESI Group)
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:48 CET 2011