Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > boolean

boolean

Scilab オブジェクト, 論理値(boolean)変数および演算子 & | ~

説明

論理値(boolean)変数の値は %T (意味: "true") または %F (意味: "false") です.   これらの変数は,論理値の行列を定義する際に通常の構文として使用可能です. 論理値行列は要素の展開/挿入/結合など通常の行列と同様に操作することができます. 他の一般的な処理(+, *, -, ^,など)は 論理値行列では定義されないことに注意してください. 以下の3種類の特別な演算子が論理値行列に関して定義されています:

~b

は論理値b(行列)の要素毎の否定です.

b1&b2

b1 および b2 (行列)の 要素毎の論理積(and) です.

b1|b2

b1 および b2 (行列)の 要素毎の論理和(or) です.

論理値変数は行列またはベクトルの添え字として使用できます.

例えば, a([%T,%F,%T],:)は, a1 行目と3行目 からなる部分行列を返します. 論理値の疎行列もサポートされています.

[1,2]==[1,3]
[1,2]==1
a=1:5; a(a>2)

参照

  • matrices — Scilab オブジェクト, Scilabの行列
  • or — 配列の要素の論理和
  • and — 論理積, 配列の要素
  • not — (~) 論理否定
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:47 CET 2011