Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Scilab > quit

quit

Scilabを終了またはpauseレベルを減らす

呼出し手順

quit

説明

quit コマンドには,コールするコンテキストに依存して 以下の2種類の意味があります:

アクティブな pause がない場合,

コマンドが関数の内部でコールされた場合であっても quitコマンドはScilab を終了します.

アクティブなpause がある場合,

quitコマンドはこのpauseレベルで開始された命令を 破棄し,カレントのpauseレベルを終了します.

// Scilabを終了
function foo(x),if x then quit,end,endfunction
foo(%t) //scilabを終了

//pauseコンテキストで開始された命令を終了
function foo(x),if x then quit,end,endfunction
pause
foo(%t) //メインプロンプトレベルにリターンl

function foo1(x),
  mprintf('P1\n')
  if x then pause, mprintf('P2\n'),end,
  mprintf('P3\n')
endfunction
     
foo1(%t) //以下のプロンプトでquitを入力してください

参照

  • pause — 中断モード, キーボード入力を待つ
  • break — ループ中断を表すキーワード
  • abort — 評価を中断する.
  • exit — カレントのScilab セッションを終了する
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:48 CET 2011