Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Files : Input/Output functions > listvarinfile

listvarinfile

保存したデータファイルの内容の一覧を得る

呼び出し手順

listvarinfile(filename)
[nams,typs,dims,vols]=listvarinfile(filename)

パラメータ

filename

文字列, 調べるファイルのパス名

nams

文字配列, ファイルに保存した変数の名前

dims

リスト, ファイルに保存した変数の次元

typs

数値配列, ファイルに保存した変数の型

vols

数値配列, ファイルに保存した変数のバイト数

説明

  • このユーティリティ関数は, saveにより作成されたScilabデータファイルに含まれる 変数の一覧 "a la whos" を取得します.

    注意: ハイパー行列はプレーンな mlist として報告されます; 有理数および状態空間はプレーンな tlist として報告されます; グラフィックハンドルは認識されません.

a=eye(2,2); b=int16(ones(a)); c=rand(2,3,3);
save("vals.dat",a,b,c)
listvarinfile("vals.dat")

参照

  • whos — 長い形式で変数のリストを得る
  • save — バイナリファイルに1個または複数の変数を保存する
  • load — 保存した1個または複数の変数を読み込む
  • save_format — "save"で作成されるファイルの形式
  • type — 変数の型を返す

作者

Serge Steer

31 Jan 2001; reediting by Enrico Segre

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:58 CET 2011