Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Files : Input/Output functions > fscanf

fscanf

ファイルから読み込みこんだ整形済み入力を変換する

呼び出し手順

[v_1,...v_n]=fscanf (file,format)

Pパラメータ

format

フォーマット変換を指定します.

file

入力ファイル名またはファイル番号を指定します.

説明

fscanf関数はfile引数で指定したファイルから 文字データを読み込み,フォーマットに基づき解釈し, 変換された結果を返します.

formatパラメータには入力を解釈する際に使用される変換指定子 が含まれます.

formatパラメータには,空白文字(空白,タブ,改行,またはフォームフィード) を含めることができます. この場合,以下の2つの場合を除き, 次の非空白文字まで入力が読み込まれます. 制御文字にマッチする文字がない限り, 末尾の空白文字(改行文字を含む)は読み込まれません.

  • %を除く任意の文字 (パーセンス記号), 入力ストリームの次の文字に一致しなければなりません.

  • 変換指定子は,次の入力フィールドの変換を指示します. 詳細は scanf_conversion 参照ください.

参照

  • printf — C言語のprinf関数をエミュレート
  • read — 行列を読み込む
  • scanf — 標準入力を整形された入力に変換する
  • sscanf — 文字列で指定した入力をフォーマット変換
  • mfscanf — 標準入力から入力を読み込む (C言語の scanf 関数へのインターフェイス)
  • scanf_conversion — scanf, sscanf, fscanf 変換指定子
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:58 CET 2011