Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > handle > is_handle_valid

is_handle_valid

一連のグラフィックハンドルが有効であるかどうかを確認する.

呼び出し手順

isValid = is_handle_valid(h)

パラメータ

h

グラフィックハンドルの行列

isValid

hと同じ大きさの論理値行列

説明

is_handle_valid 関数は一連のグラフィックハンドルが まだ有効であるかどうかを確認します. 有効なハンドルは削除されていないハンドルです. 結果の isValid は論理値の行列で, h(i,j)が有効な場合に isValid(i,j) は真, そうでない場合は偽となります.

// カレントのオブジェクトが有効かどうか調べる
is_handle_valid([gcf(), gca(), gce()])

// 11本のポリラインを作成
plot([0:10; 0:10; 0:10], [0:10; 0:0.5:5; 0:2:20]);
    
// ポリラインの有効性を確認
axes = gca();
polylines = axes.children(1).children
is_handle_valid(polylines)
    
// いくつかのポリラインを削除
delete(polylines(3:7));
// 有効性を出力
is_handle_valid(polylines)

参照

  • delete — グラフィックエンティティとその子を削除.
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明

作者

Jean-Baptiste Silvy INRIA

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011