Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics Library > handle > get_figure_handle

get_figure_handle

指定したIDの図のハンドルを取得

呼び出し手順

f = get_figure_handle(figure_id)

パラメータ

figure_id

整数, 取得する図のID.

f

対応する図のハンドル.

説明

get_figure_handle 関数により IDが既知の図のハンドルを取得することが可能です. 指定したIDを有する図が存在する場合,この関数はそのハンドルを返します. それ以外の場合,空の行列を返します.

// いくつかの図を作成
scf(0);
scf(5);
scf(12);

// ID 5 の図のハンドルを取得
f5 = get_figure_handle(5);
// カレントの図は ID 12の図のままです
gcf()
// 存在しない図を取得
f42 = get_figure_handle(42);

参照

  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • gcf — カレントグラフィックウインドウのハンドルを返す.
  • scf — カレントの図に指定する (window)
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明

作者

Jean-Baptiste Silvy INRIA

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011