Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
However, this page did not exist in the previous stable version.

Scilab help >> Graphics Library > handle > sd2sci

sd2sci

Scilab命令コンバータのgr_menu構造体

C呼び出し手順

txt=sd2sci(sd [,sz [,orig]])

パラメータ

sd

gr_menuにより構築されるデータ構造体.

sz

2つの要素を有する数字または文字列のベクトル, xおよびy方向のズーム倍率を指定

orig

つの要素を有する数字または文字列のベクトル, 原点の変換ベクトルを指定

説明

gr_menuにより生成されたsdデータ構造体を指定すると, sd2sciは,gr_menuにより編集されたグラフィックに 対応するScilab命令のベクトルを作成します.

オプションの引数 szおよび orig により, 最初のグラフィックをズームおよびシフトすることができます.

sz または orig が文字列で指定される場合, 生成される命令は通常の式として使用します.

参照

  • execstr — 文字列中のScilabコードを実行

作者

Serge Steer INRIA 1988

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:59 CET 2011