Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> CACSD > lcf

lcf

連続時間動的システムの正規化された既約分解

呼び出し手順

[N,M]=lcf(sl)

引数

sl

連続時間線形動的システム.

N

連続時間動的システム.

M

連続時間動的システム.

説明

線形動的システムslの 正規化された既約分解を計算します.

sl = M^-1 N

M および Nslと同じ表現(伝達関数または状態空間) で返されます.

著者

F. D.; ;

履歴

バージョン記述
5.4.0 Slが 連続時間線形システムであることを確認するようになりました. この修正は,この コミットにより導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:23 CEST 2014