Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilabヘルプ >> CACSD > copfac

copfac

連続時間動的システムの右既約分解

呼び出し手順

[N,M,XT,YT]=copfac(G [,polf,polc,tol])

パラメータ

G

連続時間線形動的システム

polf, polc

それぞれ,XTYTの極と, NMの極 (デフォルト値=-1).

tol

安定な極を検出ための実数閾値 (デフォルト値 100*%eps)

N,M,XT,YT

syslin連続時間線形動的システム

説明

[N,M,XT,YT]=copfac(G,[polf,polc,[tol]]) は, Gの右既約分解を返します.

G= N*M^-1, ただし, NMは安定で,プロパーで,右既約です. (すなわち, [N M] は安定な左可逆)

XTYT は以下を満たします:

[XT -YT].[M N]' = eye (ベズー恒等式)

G は可安定で可検出であると仮定します.

参照

  • syslin — 線形システムを定義する
  • lcf — 連続時間動的システムの正規化された既約分解

履歴

バージョン記述
5.4.0 Sl は連続時間線形動的システムについて 確認されるようになりました. この変換は コミットにより導入されました.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Oct 02 13:58:23 CEST 2014