Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Signal Processing > wiener

wiener

ウイナー推定

呼び出し手順

[xs,ps,xf,pf]=wiener(y,x0,p0,f,g,h,q,r)

パラメータ

f, g, h

s間隔 [t0,tf]におけるシステム行列

f

=[f0,f1,...,ff], および fkは nxn行列です

g

=[g0,g1,...,gf], および gk は nxn 行列です

h

=[h0,h1,...,hf],および hk は mxn 行列です

q, r

ダイナミクスおよび観測ノイズの共分散行列

q

=[q0,q1,...,qf], and qk is a nxn matrix

r

=[r0,r1,...,rf], および gk は mxm 行列です

x0, p0

初期状態量推定値および誤差共分散

y

間隔 [t0,tf]における観測量. y=[y0,y1,...,yf], および yk は m次列ベクトルです

xs

平滑化された状態推定値 xs= [xs0,xs1,...,xsf], および xsk はn次列ベクトルです

ps

平滑化された推定値の誤差共分散 ps=[p0,p1,...,pf], および pk は nxn 行列です

xf

平滑化された状態推定値 xf= [xf0,xf1,...,xff], および xfk はn次列ベクトルです

pf

平滑化された推定値の誤差共分散 pf=[p0,p1,...,pf], および pk が nxn行列です

説明

フォワード-バックワードカルマンフィルタ定式化により ウイナー推定を出力する関数

作者

C. B.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:56 CET 2011