Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Signal Processing > ffilt

ffilt

FIRローパスフィルタの係数

呼び出し手順

[x]=ffilt(ft,n,fl,fh)

パラメータ

ft

フィルタの型.ただし,ftの値には以下の値を指定できます

"lp"

ローパスフィルタの場合

"hp"

ハイパスフィルタの場合

"bp"

バンドパスフィルタの場合

"sb"

ストップバンドフィルタの場合

n

整数 (指定するフィルタ標本の数)

fl

実数 (低周波数カットオフ)

fh

実数 (高周波数カットオフ)

x

フィルタ係数のベクトル

説明

FIRローパス, ハイパス, バンドパス, またはストップバンドフィルタの n個の係数を取得します. ローパスおよびハイパスフィルタの場合,flに カットオフ周波数を1つ指定する必要があります. バンドパスおよびストップバンドフィルタの場合,2つのカットオフ周波数を 指定する必要があり, 低域側をfl,高域側をfh に指定します.

作者

C. B.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:55 CET 2011