Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português -

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Signal Processing > faurre

faurre

Faurreアルゴリズムによりフィルタの計算

呼び出し手順

[P,R,T]=faurre(n,H,F,G,R0)

パラメータ

n

反復回数.

H, F, G

y系列の共分散から推定.

R0

E(yk*yk')

P

n回の反復後のリカッチ方程式の解.

R, T

フィルタのゲイン行列.

説明

この関数は代数リカッチ方程式の最小解を反復計算により求め, フィルタモデルの行列R および Tを 出力します. このアルゴリズムは解Pを以下のような行列Pnの系列の上限値として計算します

-1
Pn+1=F*Pn*F'+(G-F*Pn*h')*(R0-H*Pn*H')  *(G'-H*Pn*F')
-1
P0=G*R0 *G'

この手法は特にFが単位円の近傍に極を有する時に 収束しないことに注意してください. この場合には,srfaur関数を使用する方が良いでしょう.

参照

  • srfaur — 平方根アルゴリズム
  • lindquist — Lindquistのアルゴリズム
  • phc — Markovian表現

作者

G. Le V.

Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Thu Mar 03 11:00:55 CET 2011