Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Graphics > segs_properties

segs_properties

Segmentsエンティティプロパティの説明

説明

Segsエンティティはグラフィックエンティティ階層の葉です. この エンティティは色付の線分または色付の矢印の集合に関するパラメータを定義します.

parent:

このフィールドには親のハンドルが含まれます. polylineエンティティの親は"Axes" 型または "Compound"型です.

children:

このプロパティにはこのハンドルのchildren のベクトルが含まれます. しかし,現在,segsハンドルにはchildrenがありません.

visible:

このフィールドはこのエンティティのvisible プロパティの値を有します. 値は"on" または "off"となります. デフォルトで segments は可視であり,プロパティの値は "on"となります. "off" の場合, このsegmentsは画面に描画されません.

data:

このフィールドは線分の端点の座標を指定する2列の行列 [x,y,[z]] です. xv=matrix(x,2,-1) および yv=matrix(y,2,-1) の場合, xv(:,k)および yv(:,k)k番目の線分の端点の座標です.

line_mode:

このフィールドは線分のline_modeプロパティの デフォルト値を有します. この値には "on"(線を描画 ) または "off" (線を描画しない)を指定します.

line_style:

line_styleプロパティの値は[0 8]の範囲の整数となります. 0と1は実線を意味し,その他の値は破線を意味します (getlinestyle参照).

thickness:

このプロパティはピクセル単位で線幅を指定する正の実数です. 実際の表示幅は指定された幅を最も近い整数に丸めることで定義されます. 唯一の例外はベクトル単位のエキスポートで,この場合は全体の thicknessの値が考慮されます.

arrow_size:

矢じりの大きさを指定する係数.負の値を指定すると, 大きさが矢印の長さにも依存します.線分を描画するには,この値を 0 に設定する必要があります.

segs_color:

このフィールドは各線分を描画する際に使用される色のベクトルを 有します.各要素はカレントのカラーマップに基づく色インデックスです.

mark_mode:

このフィールドはポリラインのmark_mode プロパティのデフォルト値を有します. この値は"on" (マーカを描画 drawn) または "off" (マーカを描画しない)となります.

mark_style:

mark_styleプロパティの値は mark_modeプロパティが"on"の場合に, 使用するマーカの種類を選択するために使用されます. この値は[0 14]の範囲の整数で,それぞれ以下の意味があります : ドット,プラス,十字,星,塗りつぶした菱形, 上向き三角形, 下向き三角形, 菱形プラス,円,アスタリスク, 正方形,右向き三角形,左向き三角形およびペンタグラム. 以下の図は,マーカのアスペクトがmark_style, mark_foreground および mark_backgroundプロパティに依存する ことを示します.

mark_size_unit:

このフィールはmark_size_unitプロパティのデフォルト値 を有します.mark_size_unit"point" に設定された場合,mark_sizeの値はポイント単位で直接 指定されます. mark_size_unit"tabulated"が 指定された場合,mark_sizeはfont size配列に相対的に 計算されます: この場合,この値は, 8pt, 10pt, 12pt, 14pt, 18pt および 24pt を意味する [0 5]の範囲の整数とします. xrectおよび Scilabのネーティブ関数は tabulatedモードをデフォルトとします; plot関数を使用する場合, point モードが自動的に有効となります.

mark_size:

mark_sizeプロパティは, mark_modeプロパティが"on"の時, マーカの大きさを選択するために使用されます. この値は, 8pt, 10pt, 12pt, 14pt, 18pt および 24pt を意味する [0 5]の範囲の整数です.

mark_foreground:

このフィールドは,マーカの縁の色であるmark_foreground プロパティの値を有します.この値は(カレントのcolor_mapに関連する)色インデックス または透過エッジを意味する 0 とします.

mark_background:

このフィールドは,マーカの前景色である mark_backgroundプロパティの値を有します. この値は(カレントのcolor_mapに関連する)色インデックス または透過エッジを意味する 0 とします.

clip_state:

このフィールドは線分のclip_stateプロパティの 値を有します. 値は以下となります:

  • "off" 線分はクリップされません.

  • "clipgrf" 線分はAxesボックスの外側でクリップ されます.

  • "on"線分はclip_boxプロパティで 指定された矩形の外側でクリップされます.

clip_box:

このフィールドはclip_boxプロパティを定義します. clip_state が "off" の場合, デフォルトで,この値は空の行列です. その他の場合, ベクトル [x,y,w,h] (左上の点 幅 高さ) は表示する線分の部分を定義しますが, clip_stateプロパティの値が変更されます.

user_data:

このフィールドは segs データ構造体に任意のScilab変数を 保存し,再度取得する際に使用できます.

a=get("current_axes");//新規に作成された軸のハンドルを取得g
a.data_bounds=[-10,-10;10,10];
x=2*%pi*(0:7)/8;
xv=[2*sin(x);9*sin(x)];
yv=[2*cos(x);9*cos(x)];
xsegs(xv,yv,1:8)

s=a.children
s.arrow_size=1;
s.segs_color=15:22;
for j=1:2
  for i=1:8
    h=s.data(i*2,j);
    s.data(i*2,j)=s.data(i*2-1,j);
    s.data(i*2-1,j)=  h;
  end
end

s.segs_color=5; //全ての線分の色を 5 に設定

s.clip_box=[-4,4,8,8];
a.thickness=4;
xrect(s.clip_box);

参照

  • set — グラフィックエンティティオブジェクトまたは またはユーザインターフェイスオブジェクトのプロパティの値を設定する.
  • get — グラフィックエンティティまたはユーザーインターフェイスオブジェクト からプロパティの値を取得する.
  • delete — グラフィックエンティティとその子を削除.
  • xsegs — 接続されていない線分を描画
  • graphics_entities — グラフィックスエンティティデータ構造体の説明
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012