Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Spreadsheet > read_csv

read_csv

カンマ区切り形式のファイルを読み込む

呼び出し手順

M = read_csv(fname [,sep])

パラメータ

fname

文字列. ファイルのパス.

sep

文字列. 使用するフィールドセパレータ, デフォルト値は ","

ascii(9) or "\t" for a tabulation separator are accepted.

M

文字列の行列.

説明

例えば表計算ソフトウエアで"テキストおよびカンマ"形式で 作成した,フィールドのデリミタを有するアスキーファイルを 指定すると, M = read_csv(fname) は対応する Scilabの文字列行列を返します. セパレータを変更するには, M = read_csv(fname,sep) としてください.

文字列変数を数値変数に変換するために 関数 evstrによりMの全体あるいは一部を評価することができます.

// タブ区切りのデータを有するファイルを作成
            A = 1:50;
            mputl(strcat(string(A),ascii(9)), TMPDIR + '/foo.csv');
            
            // csvファイルを読み込む
            B = read_csv(TMPDIR + '/foo.csv');
            
            // eval B
            C = evstr(B);
            
            // もとのデータと結果を比較
            and(A == C)

参照

  • write_csv — カンマ区切り形式でファイルに書き込む
  • evstr — 式の評価
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:37 CEST 2012