Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Strings > evstr

evstr

式の評価

呼び出し手順

H=evstr(Z)
[H,ierr]=evstr(Z)

パラメータ

Z

文字列の行列 M または list(M,Subexp)

M

文字列の行列

Subexp

文字列のベクトル

H

matrix

ierr

整数, エラーインジケータ

説明

文字列の行列Mを評価した結果を返します. 行列の各要素は有効なScilab式を定義している必要があります.

M式の評価でエラーが発生した場合, 戻り値が1つの版,H = evstr(M),では通常と同様に エラーを発生します. 一方,戻り値が2つの版,[H,ierr] = evstr(M), はエラーを発生しませんが,ierrにエラー番号が 返されます.

Z がリストの場合, Subexp は 文字列のベクトルとなり,Mを評価する前に評価された sub_expressionsを定義します. これらのsub_expressionsはMの中では %(k)として参照する必要があります. ただし,kSubexpにおける sub-expressionのインデックスです.

evstr('a = 1') は有効ではありません (代わりにexecstr を使用してください).

Nan, NaN は %nan と評価されます.

Inf は %inf と評価されます.

a = 1; b = 2; Z = ['a', 'b'] ; evstr(Z) 
            a = 1; b = 2; Z = list(['%(1)','%(1)-%(2)'],['a+1','b+1']);
            evstr(Z)
            
            evstr('NaN'), evstr('Inf')

参照

  • execstr — 文字列中のScilabコードを実行
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:36 CEST 2012