Scilab Home page | Wiki | Bug tracker | Forge | Mailing list archives | ATOMS | File exchange
Please login or create an account
Change language to: English - Français - Português - Русский

Please note that the recommended version of Scilab is 6.0.1. This page might be outdated.
See the recommended documentation of this function

Scilab help >> Spreadsheet > csvWrite

csvWrite

CSVファイルを書き込む

呼び出し手順

csvWrite(M, filename)
csvWrite(M, filename, separator)
csvWrite(M, filename, separator, decimal)
csvWrite(M, filename, separator, decimal, precision)
csvWrite(M, filename, separator, decimal, precision, comments)

パラメータ

filename

1行1列の文字列行列, ファイルのパス.

M

m行n列の文字列またはdoubleの行列 (複素数がサポートされています).

separator

1行1列の文字列の行列, 列セパレータ記号.

decimal

1行1列の文字列の行列, 小数点記号. 利用可能な値は"." または ",".

precision

1行1列の文字列の行列, C形式.

comments

m行1列の文字列の行列, ファイルの先頭に保存されるコメント. このオプションは,例えば, ライセンスヘッダをデータファイルに 記入するために使用できます.

説明

この関数は,行列 M を filename にカンマ区切りの値として 書き込みます.

オプションの入力引数のデフォルト値は csvDefault 関数で定義されます.

オプションの入力引数に空の行列[]を指定すると, デフォルト値が設定されます.

filename がすでに存在する場合, 上書きされます.

以下の例では, csvWrite および csvRead 関数を組み合わせて使用します.

// CSVファイル形式で行列を保存
            M = [1:10] * 0.1;
            filename = fullfile(TMPDIR, "data.csv");
            csvWrite(M, filename);
            
            // テキストとして読み込む
            mgetl(filename)
            
            r = csvRead(filename);

以下の例では, csvWrite 関数の種々のオプションを使用します.

// CSVファイル形式で行列を保存
            M = rand(2,3);
            filename = fullfile(TMPDIR, "data.csv");
            //
            // セパレータとしてタブを使用
            csvWrite(M, filename,ascii(9));
            mgetl(filename)
            //
            // 小数点として "," を使用
            // (そしてセパレータとして空白を使用).
            csvWrite(M, filename," ",",");
            mgetl(filename)
            //
            // 精度を指定
            // 注意: このより低い精度により読み書きサイクルで
            // 誤差を発生する可能性があります!
            csvWrite(M, filename,[],[],"%.8e");
            mgetl(filename)
            //
            // コメントを指定
            comments = [
            "// Copyright (C) INRIA"
            "//  This file must be used under the terms of the CeCILL."
            ];
            csvWrite(M, filename,[],[],[],comments);
            mgetl(filename)

以下の例は csvWrite関数のより高度な使用例を示します.

A = [
            1 0 200 %inf 0
            1 1.e-300 200 %inf 0
            9.99999999999990010e-001 9.99999999999999980e-201 200 3.15e300 102
            9.99999999899999990e-001 1.e-100 200 296 117
            1 %inf -%inf %nan 0
            ];
            
            // ファイルに書き込む
            filename=fullfile(TMPDIR,"foo.csv");
            csvWrite ( A , filename );
            edit(filename)

参照

履歴

VersionDescription
5.4.0 関数が導入されました. 'csv_readwrite'モジュール に基づきます.
Scilab Enterprises
Copyright (c) 2011-2017 (Scilab Enterprises)
Copyright (c) 1989-2012 (INRIA)
Copyright (c) 1989-2007 (ENPC)
with contributors
Last updated:
Mon Oct 01 17:40:37 CEST 2012